こんにちは。

R-カイロプラクティック スタッフの酒井です。
最近、バイクに乗り始めました。
これでより温泉巡りができるようになりました!
楽しんで乗っています。
さて、先日、さいたま市西区よりK様がお越しになりました。
K様は股関節の痛みから、ちょっとした距離でも歩行が困難になり、
病院に行ったところ、「変形性股関節症」の診断を受けたそうです。
病院の先生からは、痛み止め等を処方され、
運動を指示されたそうです。
変形性股関節症では、関節軟骨がすり減って股関節がしだいに変形するために、
痛みが増してきます。そのために次第に歩くときにうまく体重をかけられず、
からだが揺れるようになります。これを跛行と言います。
長い時間をかけて、ゆっくりと進行するのが、変形性股関節症の特徴です。
変形がひどくなってしまうと、手術を要するのですが、
関節を人工的なものに置き換える手術をしても、
その寿命は15年程度と言われています。
まだ、60歳を少し過ぎたばかりのお若いK様が、すぐに手術をすると、
この先何度も手術をすることになってしまいます。
できるだけ手術をしないで済むように、手術を受けるにしても出来るだけ先延ばし
できるようにすることが重要になってきます。
そのためには、股関節に出来るだけ負担のかからないようにしなくてはなりません。
矯正によって股関節にかかる負担を減らし、痛みを軽減します。
股間節の矯正はもちろんのこと、
骨盤や膝の関節、腰や背中の骨の矯正もします。
痛みの出ている股間節だけでなく、全身のバランスをとることが大切です。
動かないことで股関節周囲の筋が拘縮していってしまいますので、
筋肉を緩めて、ストレッチをすることで、筋の拘縮をさせないことも重要です。
K様は痛みが強くてあまり外を歩かない生活に
なってしまっているそうです。
それでは症状は悪化する一方になってしまいます。
矯正により痛みを軽減して、
K様に積極的に運動をする元気を取り戻して頂きたいと思います。
また、股関節に負担のかからない環境づくりも重要ですので、
に注目して、インソールの作製をお勧めしました。
本人はご自身の足を「幅広」だと言っていらっしゃいますが、
計測すると全くそんなことはなく、足に合わない大きな靴を履いていらっしゃいます。
まずは、ご自身に合ったサイズの靴を選んで頂くことをお勧めしました。
全力でK様の股関節の痛みとお付き合いさせて頂きます。

 

R-カイロプラクティック 酒井洋平

Facebookやってます。「いいね!」のクリックお願いしますね♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitterやってます。
R-カイロプラクティックのtwitter

さいたま市の整体骨盤矯正/R-カイロプラクティック
足のタコや合う靴がないなど/R-カイロプラクティック(インソール)
さいたま市の整体・骨盤矯正/R-カイロプラクティック(携帯版)
埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
Tel: 048-671-1515
インソール工房Rブログ:http://iiashi.com/blog/ 
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません