埼玉県飯能市よりお越しのSくん。

小学生のSくんは以前から足の内くるぶしの下あたりが痛くなることが多く、

特にサッカーをやった後によく痛くなっていたそうです。

 

整形外科を受診したところ

有痛性外脛骨

と診断され、インソールの作製をすすめられたそうです。

 

まずは通例通り、足の検査計測。

するとSくんはジャストフィットのサイズよりも

3サイズ大きい靴を履いていることがわかりました。

 

今回Sくんのお母さんから

サッカースパイクトレーニングシューズ普段履きランニングシューズ

の3足に対してのインソール作製リクエストを頂きました。

小学生のサッカーと有痛性外脛骨

 

と、ここで今回キーになったポイントを少し紹介させていただくと

スタッドの調整

がとても大事なポイントです。

 

メーカーやシリーズによってスタッドスパイクの裏にあるボツボツ)の

形状や位置が異なります。

 

Sくんがサッカーをやった後に痛みがよく出ていたというのは

スタッドの位置や形状が干渉していたことも考えられます。

 

今回はSくんの足とスパイクを履いた時のスタッドの位置、

そしてその形状を考慮し、

インソールの作製と靴の補正スタッドの調整)を行いました。

 

サイズを合わせた靴に変えてそれに対して

靴の補正(スタッドの調整)とインソール作製した後には

有痛性外脛骨による足の痛みもすっかりなくなり、

本人にもSくんのお母さんにも大変喜んでいただけました。

Plus-R 市塚

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体骨盤矯正
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません