埼玉県ふじみ野市よりお越しのYさん。

長年外反母趾でお悩みで、外反母趾の程度もかなりのものです。

Yさんと初めてお会いしたのは当施設開院前からなので

もう10年以上前になりますが、その頃から私の作ったインソール

愛用して頂いています。

それ以前はコルク製のアインラーゲン(ドイツ整形外科的技術に基づいた中敷)

を使用していたのですが、外反母趾の痛みが激しく、

「私はもうすぐ、趣味のゴルフどころか歩くこともできなくなるんだ」

と嘆いてらっしゃったのをよく覚えています。

私がインソールを手がけるようになってすぐに

外反母趾の痛みも落ち着き、ゴルフもまた出来るようになったと

喜んでいただけました。

そんなYさんなので、私が教える「イズム」もしっかりと理解してくださっていて、

普段履く靴のこともよ~く考えてらっしゃいます。

 

そんなYさんからインソール新規作製のリクエストを頂いたのが2ヶ月ほど前。

お電話を頂いたのですが、どこかいつもと雰囲気が違う。

予約当日にお話を伺うことでその理由がわかりました。

今回お持ちになった靴がこれ。

外反母趾とゴルフシューズ。

フットジョイ社製のゴルフシューズです。

ここ数年ゴルフシューズにとても多いシステムで、

このフットジョイ社製のゴルフシューズにも搭載されている

「Boa®クロージャーシステム」

踵のところにダイヤルがついていて、そのダイヤルをカリカリと回すと

ワイヤーが閉まって足の固定力を獲得するというシステムです。

確かに一度閉めると固定力が落ちにくいなどといったメリットもあるのですが、

外反母趾との相性が非常によろしくない。

(外反母趾で一番大事な関節部の調整ができないからです)

 

では何故、私の教える靴イズムを理解しているYさんが

この靴を持ってきたのかというと・・・

お孫さんたちから頂いた誕生日プレゼント

だということです。

 

「私の足との相性が悪いのはわかるのだけれど、

そういった事情があるから、先生なんとかして!」

と言われると、私もなんとかしてやるぜ!

という気分になるもんです!!

 

んが、いざやってみたらま~大変でした。

大変でしたが何とか形になりました。

そしてYさんも本当に喜んでくださいました。

こういった反応を頂くと、

この仕事をしていてよかった~と思うわけです。

今回の足と靴は記憶に残る一足だったな~。

 

Plus-R

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません