埼玉県東松山市よりお越しのNさん。

 

女子サッカープレーヤーであるNさんは以前より

内くるぶしの下のちょっとつま先より

が痛むことがあり、

それはターン動作時であったり普通の歩行中であったり、

なかでもインサイドキックをする時、

刺すような痛み

を感じるようなことがあったそうです。

 

そこで整形外科を受診したところ

有痛性外脛骨

と診断されたそうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとその時に履いていたスパイクのサイズ自体は

大きく間違っていなかったものの、

スパイクのラインが痛みの場所とかぶる形状で、

かつ、そのスパイクを履いたときの歩行動作

外脛骨に干渉する動作

であったため、

そのあたりを考慮した

インソールの作製との補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

サッカーのスパイクと有痛性外脛骨。インサイドキックも痛くなくなった。

 

Plus-Rフィッティングを行って一月半。

「ターン時に痛むこともなくなって、いつの間にかに

インサイドキックも痛くなくなっちゃいました」

と経過はとっても良好のようです。

 

運動が競技となれば求められるのが精度。

精度を上げるのに足かせとなっているのが足の痛みならば

Plus-Rで精度を上げるお手伝いができるかもしれません。

 

Plus-R 代表 市塚

*全国対応可能*
【認知症の方向け。市販靴へのGPS端末埋め込み加工】

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正:Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。