埼玉県春日部市よりお越しのSくん。

高校球児のSくんは中学生ぐらいの時から

右足内くるぶしの下辺りの痛み

があり、整形外科を受診したところ

有痛性外脛骨

と診断されたそうです。

 

有痛性外脛骨についてはこちらをご覧ください
内くるぶしの下が痛くなる有痛性外脛骨の原因と対策

 

そちらの整形外科では市販のインソールの使用を勧められ、

その後幾つかの既製品インソールを試したものの

 

痛みが引かず、

ものによっては痛みがひどくなる始末。

 

最近どうにも痛みがごまかせなくなってきたので…

といった経緯での来院です。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとSくんの足。

左右で足の大きさが1サイズ違って

右足が小さく、さらに

足首の形状も左右で大きく異なることがわかりました。

そしてジャストフィットより

2サイズも大きいを履いてることも発覚…。

 

靴サイズは大きい方の足に合わせて選択するので、

小さい右足にとっては3サイズも大きい靴

履いていることになります…。

 

の中で足が暴れ、外脛骨にあたり

外脛骨が痛む(=有痛性外脛骨)ようになる。

というストーリーの出来上がりです。

 

さらにSくんが今まで選んだ既製品のインソール

足が内側に暴れやすくなる構造であったため、

外脛骨が靴に当たることを助けてしまう作りであることも

わかりました。

 

ということでSくんに靴選びのアドバイスをさせて頂きつつ、

今回は野球のスパイクランニングシューズ

靴の加工とインソールの作製を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

有痛性外脛骨と野球のスパイクと市販のインソール。

 

Plus-Rフィッティングを行う中で、

今回は靴紐の通し方アイレット(紐を通す穴)に

一工夫を加えました。

 

使用後1ヶ月半、有痛性外脛骨による痛みが

ゼロになった!

 

と、と~っても喜んでいただけました。

 

既製品のインソール。例えば

同じ人が同じ靴に使うにしても、

インソールの種類によって作用は変わってきますし、

 

同じ人が同じインソールを使うにしても

靴の種類によって作用は変わってきます。

 

そこが既製品を選ぶ上で難しいところですし

そこに寄り添うことができないのが既製品です。

 

そしてそこに目一杯寄り添うのが

Plus-Rフィッティングです♡

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。