埼玉県入間市からお越しのIちゃん。

 

Iちゃんは数か月前から

足の親ゆびの脇の痛み

を訴え、皮膚科を受診したところ

化膿性爪囲炎

と診断されたそうです。

 

こちらは一般的に

ひょう疽

といった名称でも知れ渡っています。

 

処方された軟膏を塗ったり、薬を飲んだりしても

なかなか良くならず、とても困っているとのことでした。

 

実際にをみさせていただくと親ゆびの脇が化膿しており

見るからに痛そうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に…

するまでもなく、

見るからにおかしいところがありました。

 

それはやっぱりサイズ

明らかに大きな靴を履いていました。。。

 

そこで中敷きから取り出して

Iちゃんの足と合わせてみたものがこちら。

子どもの浮きゆびと爪トラブル。

4cm以上も余っていました。

ということは靴サイズでいうと6サイズも大きな靴ということです。

正しい靴のサイズの選び方についてはこちらをご覧ください

靴のサイズの選び方

 

このように大きい靴を履くと起こるのが

浮きゆび

 

もちろIちゃんの足にも浮きゆびがみられました。

浮きゆびに関してはこちらをご覧ください

ゆびが幽霊みたいになってませんか?浮きゆびの原因と対策

 

何らかの原因で爪周囲が細菌感染
→化膿
→大きい靴を履いているから足が靴の中で暴れる
→化膿部位が靴に繰り返し当たる
→なかなか良くならない

といった悪循環になるわけです。

 

数年前の日本靴医学会であった発表でも

爪トラブルサイズの大きい靴はよろしくない

といった発表がありました。

 

ただ今回のIちゃんの場合。

ジャストフィットの靴サイズを選択すると

浮いている親ゆび靴のアッパー(甲部分)にあたって

化膿を起こしている箇所が猛烈にむことが考えられます。

 

なので今回は

①サイズとつま先形状があった靴をご紹介

②その靴に対して浮きゆびが良くなるように考慮したインソール作製

③親ゆびが靴に当たらないようにするアッパー部の補正

といった流れでの

Plus-Rフィッティングを行いました。

 

フィッティング直後はおっかなびっくりで

少し痛そうな表情を見せていましたが

初回作製から2週間経った調整での来院時には

「全然痛くなくなった!」

と言ってくれたし、

親ゆびの腫れもすっかり治まっていました。

 

爪トラブルでは大きな靴を選択しがちなんですが、

やっぱりサイズを合わせるのがとても大事。

だけど現実問題それはツライ。

だからPlus-R

サイズと靴の形状を両方合わせるんです。

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。