先週は九州で記録的大雨となり、
各地で避難勧告が出されたそうです。
気象庁は今回の大雨を「これまでに経験したことのない大雨」と発表しました。
こういった記録的大雨に関する情報は、
「50年に一度」レベルを超えるような大雨の際に発表される緊急情報なのだそうです。
昨年は紀伊半島が台風による大雨のため、大きな被害を受けたばかり。
最近は例年通りでない天候に悩まされることが多くなりましたね。
まだこれから雨が降るという時期なのに、とても心配です。
さて、先日はさいたま市西区からO様が来院されました。
O様は5月頃から段々と首や肩のこりが気になりだし、頭痛もするようになったので、
病院に行き、レントゲン写真を撮影したそうです。
すると病院の先生からは「ストレートネックですね」という話があり、
痛み止めの薬を出して頂いたそうです。
ストレートネックとは、レントゲン写真を見ると、
首の骨が真っ直ぐになってしまっている状態のことを言います。
頚椎(首の骨)は横から見ると、わずかな前凸のカーブになっています。
このカーブを「生理的弯曲」と言うのですが、これはとても大切な役割を持っています。
このカーブが衝撃を和らげるクッションの役割をしてくれているのです。
ストレートネックになってしまうと、頭の重さを首の筋肉だけで支えなくてはならなくなってしまうため、
首や肩のこり、頭痛の原因になります。
そもそもなんでストレートネックになってしまうのでしょうか・・・
まずは先天的要因ということが考えられます。
もともと頚椎の生理的弯曲の少ない人が、
デスクワーク等で長時間うつ向きの姿勢をして、
頭だけあげている悪い姿勢を続けることで、
どんどん頚椎はまっすぐになってしまいます。
長年の悪い習慣の結果とも言えます。
矯正により一発でストレートネックが改善され、
生理的弯曲が回復されるというわけではありません。
長い期間をかけて真っ直ぐになってしまったのですから、
矯正を継続し、徐々に改善していかなくてはなりません。
それでも、つらい首や肩のこりや頭痛が、
それ程時間をかけずに良くなってしまうというケースも多くあります。
O様の全身の筋肉を緩めた後、しっかりと頚椎(首の骨)の矯正をさせて頂きました。
矯正が終ると、「首がなんだか楽みたい・・・」とおっしゃっていらっしゃいました。
O様は看護師さんでいらっしゃるのですが、
今はより学びを深めるため、少しの期間、大学に通われているそうです。
重いテキストをどっさりと肩に担いで、長い時間をかけて学校に電車通学されるO様、
たっぷりと疲れを溜めて来院されます。
しっかりとお身体のメンテナンスをさせて頂きますので、
どうぞお任せ下さい!

R-カイロプラクティック 酒井洋平

Facebookページ♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitter♪
R-カイロプラクティックのtwitter

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R(埼玉県さいたま市)
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515

肩こりもお任せ下さい!/R-カイロプラクティック
テニスシューズもお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(インソール
ストレートネックもお任せ下さい!
/R-カイロプラクティック(携帯版)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません