首の痛みと肋骨

先日はさいたま市北区からA様がお越しになりました。

A様は昨年にご結婚をされたばかりの20代の女性の方でして、
新婚旅行の楽しいお話をお伺いすることができました。
A様は飛行機が苦手のようで、ご夫婦でどうしようかと悩んだ結果、
四国一周旅行にされたそうです。
最近では新婚旅行と言うと、海外や沖縄など、よく聞きますね。
でもお二人で考えて決めた四国一周旅行、
いろいろな名所を巡って、美味しいお魚をいっぱい食べて、
とても幸せな新婚旅行だったそうです。
さて、そのA様。疲れると首が凝って、痛くて痛くて仕方がないとお悩みです。
首を前に倒しても、後ろに倒しても、とても痛みが強いのだそうです。
さっそくA様のお身体をみさせて頂くと、首の骨のズレがとても大きいことがすぐにわかりました。
首の骨がズレが大きいときに見逃してはいけないところがあります。
それは「肋骨」なんです。それも特に一番上の肋骨です。第一肋骨と言います。
その第一肋骨には、斜角筋という筋肉がついています。
この斜角筋、第一肋骨から首の骨についているんです。
だから、縮むと首を傾ける働きをしてくれます。
それ以外にも、肋骨を引き上げる働きをして呼吸を助けている、とても大切な筋肉です。
第一肋骨がズレてしまっていると、斜角筋を緊張させて、首が痛くて動かせない!
なんてことになってきます。
また、第一肋骨のズレによって、腕に向かう神経や血管が圧迫されて、
腕や手の痛みや痺れの原因になることもあります。
これは胸郭出口症候群の一つです。胸郭出口症候群については、
先日のブログで触れていますので、是非、そちらをご覧下さい。
A様の第一肋骨に触れると、「そこ痛いです!」
やはり、A様の首の骨が大きくズレている元々の原因は、第一肋骨のズレにありました。
こういった場合は、まず首の骨の矯正をするのではなく、第一肋骨の矯正をします。
そうすることで、首の骨のズレは自然となくなってしまうことが多いのです。
A様の全身の筋肉を緩めた後に、骨盤を矯正し、腰椎(腰の骨)、胸椎(背中の骨)と矯正を進め、
いよいよ第一肋骨の矯正をします。
少し触れるだけで、A様には強い痛みがありました。
それが矯正をすると、「あれっ!?全然痛くない!ウソみたい!」と驚いていました。
A様は首の痛みがとれて、重だるい感じがなくなったので、明るい笑顔で帰っていかれました。
やはり、今ある痛みの根本的な原因をしっかりと探っていくことが大切です!


R-カイロプラクティック 酒井洋平

Facebookページ♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitter♪
R-カイロプラクティックのtwitter

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R(埼玉県さいたま市)
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515

首の痛みもお任せ下さい!/R-カイロプラクティック
子どもの足もお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(インソール
首のだるさもお任せ下さい!
/R-カイロプラクティック(携帯版)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

Follow me!