埼玉県さいたま市西区よりお越しのHさん。

今年のはじめに変形性膝関節症と病院で診断されたそうです。

 

病院では湿布をもらったり、電気をかけたりするのだけれど、

良くなる気配がないからの中敷きで何とかならないかしら?

とのことでした。

 

足のサイズを測ってみると長さは調度よく、ジャストフィットのものでした。

ただ・・・Hさんの足の幅は大変細く、JIS規格に合わせてみるとAという幅で

日本の規格でいうと、一番細いものでした。

 

Hさんに「もっと細い靴を履きましょう」と投げかけたところ

「先生、私は幅が広いから(←これに根拠はない)ムリよ~」

と返ってきます。

ただ、何とか説得して細い靴にさせていただき、

先日、その靴にインソールを作製させていただきました。

すると

「細い靴をはいても足は全然痛くないわ」とおどろき、

「何だか足も軽いみたいだし、膝も随分いいみたい!!」

と仰ってくださいました。

 

人間の足首の構造上、小ゆび側(足の外側)に体重がかかりやすいように出来ています。

そこで幅の広い靴を履くと、靴の中で更に外側に体重がかかりやすくなってしまいます。

するとスネの骨も外側を向くようになり、がに股になります。

ただ股関節の位置は決まっているので、大腿骨(ももの骨)は内側に向きます。

これでO脚の出来上がり。

これにより膝の関節は外側の隙間は広がり、内側は隙間が狭くなります。

内側が狭くなると、ももの骨とすねの骨が内側でぶつかりやすくなり、

これが膝の変形にもつながります。

 

だから・・・膝が痛いという結果をみるだけではなく、

どこに原因があるのかを突き詰めて考えることが大切なんです!!

 

R-カイロプラクティック 市塚徹

Facebookやってます。「いいね!」のクリックお願いしますね♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitterやってます。
R-カイロプラクティックのtwitter

さいたま市の整体骨盤矯正/R-カイロプラクティック
膝の痛みなど/R-カイロプラクティック(インソール)
さいたま市の整体・骨盤矯正/R-カイロプラクティック(携帯版)
埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
Tel: 048-671-1515
インソール工房Rブログ:http://iiashi.com/blog/ 
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません