埼玉県川越市よりお越しのHさん。

病院で外反母趾と診断され、足の親ゆびの付け根が痛くて。

特にローファーを履くと痛みが強いんです。

とのことでのの来院でした。

まず、足のこと・のことをしっかりと説明させていただき、その後サイズ計測。

実測は大きい方の足が233mmでしたので、ジャストフィットは23.5cmということになります。

ところが、Hさんがインソールの作製を希望しているローファーを見てみると、

サイズの表記は23.5cmなのに、靴の外寸が236mmしかありませんでした。

ということは、靴の中はもっと小さいことになってしまいます。

 

靴の大きさは

「靴の中で靴の踵と足の踵を合わせて、
自分の一番長い足のゆび(親ゆびor人差しゆび)から靴の先端までに
だいたい1cm位の隙間(捨て寸)があるもの」

がちょうど良いサイズとなります。

ですからHさんがお持ちになったローファーの場合、24.5cm位が丁度いい

ということになります。

23.5cmがジャストフィットなのに、24.5cmが丁度いい。。。

でも、これってあることなんです。

 

逆の話ですが、私の足は27.5cmがジャストフィットですが、

私が履く革靴のサイズは26.0cm。。。

 

要するに何が言いたいかというと、

足のサイズを計ることも大切だし、実際靴を履いてみることも大切ということです。

 

R-カイロプラクティック 市塚徹

Facebookやってます。「いいね!」のクリックお願いしますね♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitterやってます。
R-カイロプラクティックのtwitter

さいたま市の整体骨盤矯正/R-カイロプラクティック
ローファーインソール、いかがでしょうか?/R-カイロプラクティック(インソール)
さいたま市の整体・骨盤矯正/R-カイロプラクティック(携帯版)
埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
Tel: 048-671-1515
インソール工房Rブログ:http://iiashi.com/blog/ 
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません