東京都江東区よりお越しのTさん。

未来のなでしこJAPANをめざす女子サッカー選手のTさんは

今年の春頃、サッカーの練習中ピッチに足を取られ

その拍子に

Jones骨折第5中足骨疲労骨折)」

を起こしてしまったそうです。

 

振り返ってみると確かに疲労骨折部位に違和感があって

怪我を負った後

「どうしてあの時病院に行かなかったんだろう」

と後悔したそうです。

 

幸い術後の経過は良好で比較的早く競技復帰できたのだけれども

その後の練習でもなんとなく骨折部位が気になり

思い切りプレーができなくなってしまったそうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとTさんの足は現代っ子の象徴とでも言いますか。

とっても足幅が細く市販のサッカースパイクでは

とても対応しきれない細さでした。

とは言え市販のサッカースパイクでなんとかするしかありません。

 

ということで今回選んだサッカースパイクはこちら。

女子サッカー選手のJones骨折(第5中足骨疲労骨折)。

MIZUNO社製のサッカースパイクです。

 

そしてこのサッカースパイクに対して

インソールの作製との補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行なっていくわけですが、

そんな時、Plus-Rの技術でお役に立てるのが

靴の加工による靴の空間プロデュース

です。

 

靴を加工することによりできる範囲で

靴の爪先部分の空間を少なく

靴の中での安定性とフィット感をグッと上げます。

 

さらにインソールの作製運動方向荷重をコントロールし、

そうすることによりJones骨折罹患部位に

できるだけストレスがいかないようにしてあげます。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

「プレーをしていてこんなに安心感があるのは初めてだし

前に履いていた靴の幅が緩かったというのが今になってよくわかりました」

とおっしゃっていました。

 

足幅が細くて困っている人。実はとっても多いです。

足幅が細くて生じる「不安定感」や「前滑り」

そんな足にも靴へのアプローチでできることがありますよ!

 

Plus-R 代表 市塚

*全国対応可能*
【認知症の方向け。市販靴へのGPS端末埋め込み加工】

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正:Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。