埼玉県さいたま市大宮区よりお越しのIさん。

お仕事柄パンプスをよく履くそうなのですが

新しいパンプスを履くたびに

小ゆびの付け根がに当たって痛くなる

そうで、

以前シューフィッターのいる靴屋さんに相談したところ

内反小趾といって外反母趾の小ゆび版

になっているから

幅が広い靴を履いたほうが良い」

と言われたそうです。

 

アドバイス通りに幅の広いパンプスを選んで履いていたそうですが

それでもやはり小ゆびの付け根が痛かったそうです。

 

Iさんの足を検査計測してみると

確かに第5趾側角という小ゆびの変形を示す角度はそれなりの数字で

それは計測するまでもなく見た目でも明らかなものでした。

 

しかし、だからといって幅が広い靴というのは安直な考えで、

例えばそれは偏頭痛持ちの人に痛み止めの薬を進めるのと同じで、

いちばん大切な、

なぜ小ゆびに変形が生じたのか

という根本的な部分を置き去りにした

その場しのぎのものでしかありません。

 

小ゆび以外に目を向けてみると

足の裏にはタコがあり、開張足の形跡がしっかりあります。

 

ということは

横アーチが落ちている

証拠ともなりうるわけで、

やはりそういったところに対してのアプローチをしないと

根本的な解決にはなりえないわけです。

 

ということで今回はズバリ

横アーチの再形成

をテーマに

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

 

パンプスと内反小趾。小ゆびの付け根が靴に当たって痛いんです。

 

Plus-Rフィッティングを行った後は

「今までよりも幅が細い靴だったから最初は不安でしたが

不思議と履いていて心地よく、

歩いていても歩きが安定しました」

とおっしゃってくださいました。

 

ここで語弊の内容に伝えておきますが、

今回選んだパンプスは、

確かに今までよりは幅が細い靴ですが、

それは今までよりもきつい靴という意味ではなく、

Iさんが履くべき本来の幅のもの(ちょうどよい幅の靴)を

今回は選んだということです。

 

そしてもちろん

「小ゆびの付け根は当たらないし痛くもない」

ともおっしゃってくださいました。

 

餅は餅屋といいますが、餅屋の思考も十人十色。

私はシューフィッターでもあるわけですので

セカンドオピニオン的に相談するのもOKですよ!

 

Plus-R 代表 市塚

*全国対応可能*
【認知症の方向け。市販靴へのGPS端末埋め込み加工】

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正:Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。