埼玉県越生市よりお越しのAさん。

Aさんの悩みは

「足のゆびの甲側がに当たって痛い」

とのことです。

 

お問合わせの電話を頂いた時にある程度予想していたものの

実際にAさんの足をみさせていただいたら…

まぁなかなかのものでした。

その画像がこちら。

浮きゆびと靴選び。

 

なかなかの

浮きゆび

です。

 

左右差が明らかにあり、

右足の親ゆび以外が浮いているのがわかると思います。

 

浮きゆびによる足趾の変形があり、

それが靴のアッパーに当たって痛いわけです。

 

ということでまずは通例通り足の検査計測を入念に。

すると案の定。

と~っても大きな靴を履いていることがわかりました。

 

そこで靴選びに入っていくわけですが、

この時に浮きゆび変形を考えての靴選びとなっていきます。

 

リウマチなどの変形でもそうなのですが、

トウボックスといって、つま先が収まる空間が

なかなかのネックになってきて、

靴選びでもそのあたりに細心の注意をくばりつつ

今回はpedalaの靴に

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rを行いました。

浮きゆびと靴選び。

 

Plus-Rフィッティングをを行なった後は

「ゆびが靴に当たらないから歩いていても痛くないし

ゆびで地面を蹴れているって実感できるようになった」

と喜んでいただけました。

 

ちなみにこの靴、先程出てきたトウボックスに

靴の加工をし、Aさんのつま先の容積に合うよう

空間プロデュースもしてあります。

 

足と靴の容積を合わせる。

なんのこっちゃ?って感じかもしれないですが、

足と靴を見ていく上でとっても大事な概念なんです。

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。