この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

 

埼玉県久喜市よりお越しの外反母趾でお悩みのFさん。

仕事柄パンプスを履くことが多いそうなのですが、

なかなか自分に合うパンプスがなく、

合わないパンプスを履いていると外反母趾で出っ張っている関節の部分が

靴に当って赤くなってきてジンジンして・・・。

仕事帰りにはいつも裸足になってしまいたいという衝動にかられるそうです。

 

当施設の通例通り足の検査計測を念入りに行うと

Fさんの足の幅は体重がかかっている時とかかっていない時とで

かなりの差があり、

体重がかかっているときはかなりの幅広の足。

体重がかかっていない特は比較的細めの足幅。

であることがわかりました。

 

そこで今回Fさんにご紹介させていただいたのがこちらの靴。

パンプスと外反母趾

アシックス社製パンプスで幅はE。

Eという幅は一般的に流通している靴の幅の中でも狭め(細め)の靴となります。

 

Fさんも最初は

「こんな細い靴が履けるのか?」

と、とても不安がっていましたが、履いてみるとあらビックリ。

履けちゃうじゃないですか。(もちろんインソールも作製してあります)

しかも履いて痛くなるどころか、長い時間履いていても大丈夫。

もちろん歩いても大丈夫。

 

もちろん靴との相性は履いてみないとわからない部分がありますが、

足を知り、靴を知り、さらに靴の特性を知っているからこそ

その人その人に合った靴のご紹介ができるんです。

 

ところで前回のブログ

いい足どっとcomにタコのページを作ったほうがいいですね

(私が行うセミナーでタコのコンテンツがあるので、すぐに出来上がると思います)

と書きましたが、早速

多くの人が持っている胼胝(タコ)の原因と対策

のページを作りました。良かったらご覧になってください。

 

Plus-R 市塚

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません