さて、先日は春日部市よりW様が来院されました。
W様は随分昔から、つらい腰痛でお悩みとのことでした。
立ったり座ったり、姿勢を変えるときに強い痛みがあるそうです。
お話を伺い、お身体をみさせて頂くと、
どうも痛い部分は、腰といっても随分と下の方のようです。
W様が痛みを感じて部分は「仙腸関節」というところでした。
最近、骨盤の歪みという言葉をテレビや雑誌で、
目にしたり耳にしたりすることが多くなりました。
その中でときどき、仙腸関節という言葉も登場するのですが、

その「仙腸関節」知っていますか?

それは骨盤にあります。

骨盤はいくつかの骨がくっついてできています。
腰の骨の下にあって、背骨の土台に位置する三角形の骨、仙骨と言います。
仙骨の先にはさらに尾骨というものがあります。
動物の尾に当たる部分の骨です。
よく「尾底骨」などと言われることがありますが、
人の身体には尾底骨という骨はありませんよ!
仙骨の左右両方にあるのが寛骨です。
寛骨は細かく分けると、腸骨、坐骨、恥骨という3つの部分からなっています。
子どものうちは、その3つの骨は軟骨により、ゆるく結びついていますが、
大人では完全にくっついて、一体のものとなっています。
腸骨はいわゆる腰骨のこと、坐骨は座ったときに椅子に当たっている骨のことです。
以上が骨盤なのですが、
この腸骨という部分と仙骨という部分の間にあるのが、仙腸関節なんです。
この仙腸関節、周りを靭帯によって固く結び付けられているため、
ほんのわずかしか動きません。
自分でそこだけ動かそうと思っても動かせませんね。
でもこのわずかな動きがとても大事なんです。
背骨の根本、土台の部分で、
日常生活の様々な動きに対応できるように背骨のバランスをとっています。
この仙腸関節が何らかの原因で痛んでしまったり、ズレてしまったりすると、
ちょっと姿勢を変えたときに、痛みを感じるようになってしまいます。
仙腸関節のズレ方には何通りもありますので、
W様のズレ方を見極めて、しっかりと良い位置に矯正しました。
すると、W様の痛みは劇的に改善されたそうで、
「もうすっかり痛みがありません!」
と、おっしゃっていました。
「昔から腰痛で、よくならないんです・・・」
という患者様のお身体をみさせて頂くと、
実は仙腸関節の痛みでしたというケースは少なくありません!
5月29日に関東地方の梅雨入りが発表されてから、
すっかり雨の降らない日が続いてますね。
少し降ってもすぐにやんでしまうという感じです。
雨ばかりで、じとじとの毎日も気が滅入ってしまいますが、
あんまり降らないのも問題です。

水不足の心配なんていうニュースを耳にしました。
やっぱり梅雨は梅雨らしく、災害にならない程度に降ってくれた方がいいですね。
梅雨といえば、アジサイですが、私(酒井)は毎年この季節は、
鎌倉のアジサイを楽しみにしています。
アジサイは雨の日や雨上がりが似合いますね。

梅雨.jpg

Facebookページ♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitter♪
R-カイロプラクティックのtwitter

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R(埼玉県さいたま市)
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515

仙腸関節の痛みもお任せ下さい!/R-カイロプラクティック
足首の痛みもお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(インソール)
腰痛もお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(携帯版)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません