足の甲の痛みの最近のブログ記事

埼玉県川越市よりお越しのMさん。

大学サッカーをプレーするMさんは昨年

 

Jones骨折(第5中足骨骨折)

をし、手術をしたそうです。

 

以来足の甲の痛みプレー時の不安定性がのこり、

痛みを取り除くもそうだけど、何より

プレー時の安心感

が欲しいとのことでした。

 

Plus-Rへの初回来院時には

現在履いているをお持ちいただくのですが、

Mさんが使用しているサッカースパイクトレシューをみてみたら

ジャストフィットより3サイズ大きな靴を履いていることがわかりました。

 

さらにMさんが使用している某メーカーのサッカースパイク

スタッドの位置を確認してみると

第5中足骨骨折部位に干渉していることもわかりました。

 

ということでMさんに合ったをご紹介させていただき、

今回はサッカースパイクトレシューランニングシューズ

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

 

特に今回は足全体のバランス体全体のバランスの兼ね合いを取りつつ

第5中足骨への免荷

スタッド加工の一手間を加えました。

Jones骨折とサッカーのスパイクとスタッドの相性。

 

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

第5中足骨への突き上げ感がなくなった!」

と大変喜んでいただき、

プレー中も今までのように不安を感じることがなかった

との使用後の感想をいただくことができました。

 

足と靴の相性もありますが、

その靴特有の部品や機能が足に干渉してくることもあります。

 

そういったところも一つ一つ丁寧に

足と靴のフィッティングを行なっていくのがPlus-R流です。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県川越市からお越しのKさん。以前より

外反母趾による足の親ゆび付け根部分の痛み
にお悩みだそうです。

 

お仕事でパンプスを履くそうなのですが

なかなか合う靴がなくて困っていたそうです。

 

まずは通例通り、足の検査計測を入念に。

するとKさんの足はご自身で思っていたよりも足幅が細く

さらに足の甲が薄い(≒ハイアーチの逆

ことがわかりました。

 

今回はKさんに靴選びのコツをみっちりアウトプットし、

ご自身で靴選びができるようになっていただき、

それをもとに紐付きパンプスをご用意いただきました。

 

そしてその紐付きパンプスに対して

インソールの作製靴の補正を行うPlus-Rフィッティングを行いました。

特に今回はインソール両方に

足の甲の薄さをフォローする工夫

をガッチリと。

紐付きパンプスと外反母趾。

 

Plus-Rフィッティングを行った後は

「一日履いていても親ゆびの付け根が痛むことなかったの、初めてです!」

と大変喜んでいただけました。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県蕨市よりお越しのWさん。

つま先が痛くなったり、足の甲が痛くなったり、足首が痛くなったり

土踏まずが痛くなったりと

の中のあちらこちらが痛くて困っている。。。

とのことでの来院です。

 

では早速Wさんの足の写真をご覧ください。

足のゆびの上(甲側)にできるタコ。

緑色で囲った丸の中に胼胝タコ)がみられます。

ちなみに丸で囲っていませんが厳密に言うと

左右の足2~4趾に胼胝があります。

 

ちなみになぜ胼胝ができるのかというと。。。

こちらをご覧

↓↓↓↓↓↓

多くの人が持っている胼胝(タコ)の原因と対策

 

一部に存在する、このブログマニアの方なら

お察しいただけると思いますが

ようするにWさん。

大きい靴を履いていました。

 

潜在的には大きい靴を履いているというのには気付いていて、

大きな靴が脱げないようにの中で足をグーにする。

結果、ゆびの甲側胼胝ができるわけです。

 

その話をWさんにしたら

言われてみれば確かにグーにしています。

とのこと。

 

大きい靴を履いているからの中で足が暴れ、

→足の爪先が靴のつま先に当たって痛い。

浮きゆびも併発。

足の甲が靴のアッパーに当たって痛い。

踵が不安定足首が痛い

→脱げないようにグーにするため土踏まず筋肉オーバーユース

土踏まずの筋肉が痛くなる。

 

といったことが起きるわけです。

 

え?もちろん適正サイズの靴にして

インソールの作製浮きゆびにアプローチするため)と

靴の補正かかとの安定性を獲得するため)の

Plus-Rフィッティングを行った後は

嘘みたいに痛みがなくなったと喜んでいただけましたよ。

 

【お知らせ】

2016.5.17 多くの方に支えられ、お陰様で当院も開業10周年を迎えることができました。

ありがとうございます!

日々アップデートしつつ、皆様に寄り添えるよう頑張っていきますので

これからもよろしくお願い致します。

開業当初と比べ現在はインソールの業務、

心理学をベースとしたコーチングの仕事と合わせてかなり増え、

「身体・足・靴・心」と人を総合的にみるようになりました。

そこで開業10周年を契機に「Plus-R」として活動していくこととなりました。

こちらもよろしくお願い致します。

詳しくはいい足どっとcom運営、Plus-R概要をご覧ください。

Plus-R概要

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/ カイロプラティック・整体・骨盤矯正Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』
 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

群馬県前橋市よりお越しのTさん。

足の甲が痛く整形外科を受診したところ

インソールの作製を勧められ、

義肢装具士にインソールを作製してもらったものの

足の甲の痛みが良くなるどころか、かえって痛みがひどくなり

当施設に来院したことのあるご友人に紹介されて...

といった経緯での来院です。

 

通例通り足の検査計測を細かくさせていただいたところ、

Tさんの足は中間楔状骨という骨が上方に高い。

要するに甲高の足だということがわかりました。

 

そこで義肢装具士に作ってもらったインソールを見させていただいたら

その時に履いていた足の甲部の上下のゆとりの設定と

Tさんの足の上下のサイズがまるっきり合っていないことがわかりました。

 

少しわかりやすく説明するとこうです。

※靴と足の画像はそれぞれTさんのものではありません。

 

まずは下の画像をご覧ください。

足の甲の痛みと靴の設定。

オレンジ色の矢印が先に述べた靴の足の甲部の上下のゆとりの設定です。

 

次に下の画像をご覧ください。

足の甲の痛みと靴の設定。

緑色の矢印がTさん自身の足の甲の上下サイズになります。

 

要するに

オレンジ色の矢印部分の距離

(=靴の足の甲部の上下のゆとりの設定)に比べ

緑色の矢印部分の距離

(=Tさんの足の甲部の高さ)が長い(高い)から

痛みが酷くなったということが考えられるわけです。

 

さらに義肢装具士に作製してもらったインソール

コルク製のインソールで厚みもかなりありました。

 

もともとTさんにとって上下の空間が少ない靴に

厚手のコルク製インソールを入れて、

それを足の甲が高いTさんが使用する。

 

痛みが酷くなって当然です。

 

今回はミズノ社製のランニングシューズに対して

靴の上下設定が合うような加工と、

厚みの干渉を起こさないように工夫を加えてインソールを作製しました。

足の甲の痛みと靴の設定。

 

Plus-Rフィッティング後は

靴を履いていて、苦痛を感じない靴は初めてです!

と、大変喜んでいただけました。

 

【お知らせ】

2016.5.17 多くの方に支えられ、お陰様で当院も開業10周年を迎えることができました。

ありがとうございます!

日々アップデートしつつ、皆様に寄り添えるよう頑張っていきますので

これからもよろしくお願い致します。

開業当初と比べ現在はインソールの業務、

心理学をベースとしたコーチングの仕事と合わせてかなり増え、

「身体・足・靴・心」と人を総合的にみるようになりました。

そこで開業10周年を契機に「Plus-R」として活動していくこととなりました。

こちらもよろしくお願い致します。

詳しくはいい足どっとcom運営、Plus-R概要をご覧ください。

Plus-R概要

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/ カイロプラティック・整体・骨盤矯正Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』
 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

埼玉県さいたま市西区よりお越しのTさん。

足の甲が痛いとのことでの来院です。

 

Tさんはお仕事でパンプスを履くことが多いそうで、

以前から足の甲の痛みは感じやすいとのことでした。

 

まずは通例通り、足の検査計測・・・なのですが、

実は私、足の検査計測をする前から

「きっとこれが原因だろうな~」

と、おおよその検討をつけておいてるんです。

 

これは医師治療家なら誰でもそうだとは思うのですが、

問診視診の段階で、

ある人はフローチャートを頭に思い浮かべ、

ある人は消去法で、

時間の短縮を図るわけです。

これが「経験」と呼ばれるものの中の一つだと思います。

 

もちろん私も前述のとおり

大きい靴を履いているのではないか?

・痛みの場所によってはモートン神経腫を疑い病院へ紹介状

ヒール靴自体の設定があっていない

足幅が細いのではないか?

などといったことをある程度予測をしていました。

 

そしていざ足の計測をしてみたら~

・1サイズ大きい靴を履いていた

・痛みの場所はモートン神経腫とは明らかに違うので経過観察

ヒール靴自体の設定が合っていないが、新しい靴の購入アドバイスをした

そしてなにより・・・

足幅は私の想像を上回るほどの細さ

でした^^;

 

今回はサイズの合った紐付パンプスを紹介させて頂き、

それに対してインソールの作製と、さらに

パンプスの補正を行いました。

足の甲の痛みとパンプス。

初回に作製した後2週間後に調整に来ていただいた時に、

どこか痛かったり気になったところはありませんでしたか?

と伺ったところ、

「最初はこんな細い靴を履けるのかと怖かったけど痛いところはなかった」

「気になったところは靴紐が長くてそれが気になった」

とのことでした。

などとはなしていたら

「そういえば先生にインソールを入れてもらってから

足の甲が全然痛くないことに今気づきました!」

なんてことも。

もともとの来院理由であった

足の甲の痛み

を忘れるほどの快適さで良かったです。

 

ちなみに蛇足ですが、

今回は紐で固定力を確保し、

パンプスの前足部分で足の甲のあたりを調整できるように工夫をしました。

 

もちろん靴紐も短くする加工をさせて頂きました♪

Plus-R 市塚

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

群馬県高崎市よりお越しのMさん。

ランナーであるMさんはランニング中足の甲が痛くなることがとても多いそうです。

今まで様々なメーカーの様々なシューズを試してきたそうですが

なかなか自分に合った靴が見つからずとても困っているとのことです。

 

足の甲に悩みを持つランナーというのは少なくないのですが

根本的な問題として、サイズが合っていない靴を履いていることがとても多いです。

しかし原因はそれだけではなく、

 

・ハイアーチ(甲高)

・楔状骨の形状

・縫製やベロの形状など、靴との相性

 

と様々な問題が考えられます。

 

まずは通例通り足のサイズ計測を徹底的に行い、Mさんの足に合った靴のご紹介。

ランニングシューズ、足の甲の形状が合わない。

今回はmizuno社製のランニングシューズを選択しました。

そしてこの靴の対して靴の加工とインソールの作製を行い、

今回は靴紐に対しての一工夫を行いました。

※画像のランニングシューズは靴紐に対しての一工夫を行う前のものです

 

サイズを含めた靴の見直し・靴の加工・インソールの作製

そして靴紐に対しての一工夫を行った後は

足の甲が痛くなることが無くなり、

月間300km走っても全く痛みが出ないと大変喜んでいただけました。

 

Plus-R 市塚




 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

埼玉県よりお越しのMさん。

Mさんは全国クラスの陸上選手です。

数年前に有痛性外脛骨の悩みにより来院され、

私が靴のサイジングとインソールを作製した後は痛みが出ることもなく、

経過は良好であったそうです。

 

しかしその後の靴選びが再びいい加減ななり、今度は足の甲が痛みだしてきたので

今度こそ、ちゃんとした靴をちゃんと履こう!と思ったらしく...。

との経緯での来院です。

(ちなみにそれでも有痛性外脛骨はまるっきり気にならなくなったとのことでした)

 

ほぼ五年ぶりに見たMさんの足は見るからにも痛そうで、

根拠はないのですが、私の臨床上の経験から言うと

「なんとなく危険な匂い」がしました。

そのへんをMさんに伝えさせていただくとご本人も心当たりなど

私の意見と多くの合致点を感じていたそうです。

 

ほとんど振り出しに戻った状態で再び足の検査と計測を細かくさせて頂き、

やはり靴のサイズがデタラメになっていたMさんの足に

サイズ等がちゃんと合った靴を紹介させていただき、それに対してインソールを作製しました。

その靴がこれ。

サイズが合っている靴なのに、ゆび先があたって爪が変色。

中敷きをはずして足とのフィッティングを見てみると、

サイズが合っている靴なのに、ゆび先があたって爪が変色。

捨て寸はおよそ1cm。ジャストフィットです。

※捨て寸やサイジングに関してはこちらをご覧ください→靴のサイズの選び方

 

それなのに~

このシューズを履いて走ってみたらゆび先が当たってしまっていたらしく、

爪が一本変色してしまいました。。。

サイズが合っているのに不具合が生じる。。。

 

何故こういうことが起こるのかというと・・・

 

まず1つ目の原因として、以前教えたちゃんとした靴の履き方をすっかり忘れていたから。

この点に関しては再度しっかり指導させて頂きました。

 

そして2つ目の原因として、Mさんの○○が▲の形状で、それと靴の☆☆が合っていなかったから。

これに関してははっきりいってどんなに素晴らしいインソールを作ったって

どうにもなりません。やらなくてはいけないこと。それは

靴の補正加工

Mさんの▲な形状の○○に合うように、靴の☆☆を補正加工したところ

ゆびが当たることは全く無くなったそうです!

 

世の中には意外と多くのインソール屋さんがいて

素晴らしいインソールを作る方もいらっしゃいますが、

靴の知識を持つって本当に大事だと思います!

実際問題、インソールではどうにもならないこともありますから!

 

Plus-R 市塚




 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

埼玉県よりお越しのIさん。足の甲が痛いとのことで昨年8月に初めて来院されました。

ちなみにその時のブログがちこら

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

「足の甲の痛みと陸上スパイク」 2014.10.15

 

以前のブログに書いてある通り、インソールを作製した後は2週間でレース復帰。

もちろん1年たった今も足の甲の痛みは再発していません。

 

1年前の記事を引っぱり出して何だというかもしれませんが、

タイトル通り、Iさん。インターハイに出場です!

 

君が創る 近畿総体HP→http://2015soutai.jp/official

 

このブログを投稿する2015.8.1。

個人種目と四継に出場するとのことなので、いよいよ!

埼玉から応援していますよ!の気持ちを込めての投稿です。

 

大会前、スパイクに特別仕様のインソールを作製しましたが、

前回の投稿に引き続き今回もシューズの画像はナシです。

 

二昔よりも過去になりますが^^;私もインターハイに出場したことがあります。

今思い出しても気分が悪くなるほどの練習漬けの毎日。

ただ・・・そんな学生時代も良かったな~☆

 

Plus-R




 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

埼玉県よりお越しのIさん。

足の甲が痛いとのことでの来院です。

県内どころか全国的にもスポーツで有名な高校の

陸上部に所属しているものの、ここ数ヶ月はずっと

足の甲が痛くて練習もできず、

当院に辿り着くまでに病院やら接骨院やら、

あっちこっち通ったそうです。

検査をしたところ、陸上用のスパイクは持っているもので問題なさそうだったので、

ランニングシューズのみサイズ変更をし、それら2足に対して

インソールを作製しました。

というのが今年の8月末。

その後どうなったかというと・・・

初めてインソールを作った2週間後には見事大会に復帰。

そして今回で調整も一段落したのですが、

今も問題なく走れているそうです。

レースに復帰した時はお母さんも喜んで泣いていたと

教えてくれました♪

あ、今回はスパイクの写真等を添付すると

Iさんの学校がわかってしまうので写真の添付はありませ~ん。

 

Plus-R

 

※インソールは完全予約制となっております。

まずはお電話にてご予約をいただけますよう、お願い致します。

※予約多数のため、現在カイロプラクティック・整体・骨盤矯正の

新規のご予約はお受けしておりません。

大変申し訳ありませんが、ご了承のほど宜しくお願い致します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち足の甲の痛みカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは足の冷えです。

次のカテゴリは足底腱膜炎です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja