2017年11月アーカイブ

東京都練馬区よりお越しのKくん。

大学生でサッカープレーヤーであるKくんの悩みは

「足関節捻挫後遺症」

 

 

以前から足関節捻挫を繰り返し、

中学生の時に受傷した際の足関節捻挫がかなりひどかったらしく、

以来、足首の痛みがなんとなくずっと気になっているそうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に...

するまでもなく、まずパッと見で

Kくんの踵は細いのがわかりました。

 

さらに足首のアライメントがよろしくないのも見た目でわかるくらい。

 

Kくんの足を色んな角度から分析し、

とにかく

「足首の安定性の確保」

「足首のアライメントを整える」

「細い踵のフォローアップ」

をテーマに

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rを行いました。

サッカースパイクと足関節捻挫。足首のアライメントを整える。

 

今回はなかなかの作業量でしたがPlus-Rフィッティング後は

歩行時のバランスも整い、使用後1.5ヶ月経った頃には

「最近足首が全然痛まないんです!」

と、とても喜んでいただけました。

 

足首の古傷に悩まされている方。

結構いるんですよね。

放っておいても良くならないので、

ご相談くださいね。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県上尾市よりお越しのAさん。

 

テニスプレーヤーであるAさんは以前から

ふくらはぎの痛みが頻回。

 

ある時またふくらはぎに痛みが出たものの

普段とは痛む場所がビミョーに違っていて

しばらく様子を見ていても痛みがなかなか消失しないため

整形外科にかかったところ

シンスプリント

と診断されたそうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとAさんの足の形状は非常に個性的で

足幅はやや細め。

が激細。

といった形状でした。

 

足の前部分の左右方向への暴れは大したことがないものの

足の後ろ部分の左右方向への暴れが大きい。

 

それをホールドさせるために

筋肉がオーバーワーク

となってしまう可能性も否めません。

 

ということでAさんの足に合ったシューズを紹介させて頂き

それに対してインソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

 

特に今回は後ろ足部分の安定性の確保。

それにより筋肉のオーバーユースの軽減を図る。

がテーマのPlus-Rフィッティングです。

テニスシューズとシンスプリント。プレーも靴も安定が大事。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

「プレーしていて左右方向に動いた時が特に

安定感を感じてピタッと止まる感じ」


との感想を頂き、

使用していて段々とふくらはぎの痛みも軽減してきて

使用後1.5ヶ月経った頃には痛みがなくなったとの

感想をいただきました。

 

この仕事をしているといろんな足を見ます。

足の形ってホントに様々で、

だからこそ市販の靴がそのままで合うとは限らないわけです。

 

足の形でなかなか合う靴に出会えないなんて方、

ぜひPlus-Rにご相談くださいね。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

群馬県高崎市よりお越しのTさん。

Tさんのお悩みは

「足の裏にできた胼胝(タコ)」

です。

 

その胼胝とのお付き合いは非常に長いそうで

胼胝が大きくなって痛くなっては削って

するとしばらくは調子がいいのだけれど

また胼胝が大きくなって痛くなっては削って...

ということを、ず~っと繰り返してきたそうです。

 

そんな時に皮膚科の先生から紹介されて...

といった経緯での来院です。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

その時にTさんの足の裏の状態を見させていただいたら

そこにはカミソリで削られて平になった

立派な胼胝の土台部分が^^;

 

自分で削ぐとたまに失敗して血が出てしまうそうです。。。

 

まず大事なことが原因究明。

胼胝ができたから削るというのは結果にフォーカスを合わせるということ。

本当に大事なのは

なんで胼胝ができるのか?という原因にフォーカスを合わせるということ。

 

色々原因はあるけれど、まずはこちらを。

多くの人が持っている胼胝(タコ)の原因と対策

 

 

やっぱり靴の中で足が暴れるっていうことは

肌にストレスを与えるということにもつながるので

暴れない靴内環境を作る

ということがキーになってきます。

 

ってことで、とにかく足と靴のフィッティングが良くなるように

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

開張足と胼胝(タコ)と婦人靴。大事なのは靴内環境。

 

Tさんの胼胝とこちらの婦人靴の3つを考えると、

なかなかハードルが高い1足でしたが、

なんとか形にすることができ

Tさんからも

「とてもは着心地がいい」

との感想をいただくことができました。

 

そしてその後も追加のオーダー。

合計5足にPlus-Rフィッティングを行いました。

 

その後半年の経過観察の時には胼胝もすっかり小さくなり、

使用後は1度も胼胝を削っていないとのことでした。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

栃木県下野市よりお越しのRちゃん。

 

小学校でミニバスを頑張っているRちゃんは

数ヶ月前より踵の痛みがあり

整形外科にかかったところ

踵骨骨端症(Sever病)

と診断されたそうです。

 

Sever病とはに生じる

成長痛

の一種で、膝の成長痛で有名な

Osgood-Schlatter病(通称オスグッド)」

の踵版のようなものです。

 

整形外科では電気をかけたりして

かかと用のサポーターを使用したものの効果はなく、

ついにはバスケどころか、

運動が一切できなくなってしまったそうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとRちゃんの踵はとても細いことがわかり

合わせて足の甲が薄いこともわかりました。

 

靴のサイズ感は大間違いまでいかなかったものの、

Rちゃんの踵の細さ甲の薄さが仇となり

靴の中で足が暴れてしまっていたようです。

 

そこで今回は靴の補正にウェイトを置いた

Plus-Rフィッティング

を行いました。

 

どのくらいやったかというと...

それはもう大改造です^^;

成長痛(踵骨骨端症)とバスケットボールシューズ。

 

一見、外見上には変化はわからないでしょうが

靴の中は見た目でも分かるくらいの改造です。

 

そんなPlus-Rフィッティング

バスケットボールシューズ普段履きに行なったところ

すぐに効果が見られたようで

使用後1週間で競技復帰もできたそうです。

 

いろんな部位のいろんな痛みに対して

年齢さえマッチしていれば使えてしまうような言葉。

成長痛

成長痛ってどこか便利な言葉な感じがしません?

 

でも間違いなく言えることは、

「痛いという結果」が出ているということは

必ず原因があるということ。

 

その原因にアプローチをしない限り

根本的な解決にはなりませんし、

 

それがに結果が出ている場合。

Plus-Rには

インソールと靴の補正との

2つの武器があるんです。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県東松山市よりお越しのIさん。

 

Iさんは某大学でバリバリに走るランナーで、

そちらの大学のトレーナーからの紹介での来院です。

 

そんなIさんの悩みは

ランナーズニー

 

高校生時代からの悩みの種だそうで

良くなったり悪くなったりを繰り返しているそうです。

 

Iさんがランナーズニーに対して

職業病みたいなものですから...

と言っていましたが、そんなことないんですよ~。

 

四十肩にならない40代がいるように、

ランナーズニーにならないランナーだっていますから。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

Iさんの静的評価をしてみたところ

どうやらIさんには

構造的脚長差

があるようで、

それは以前整形外科でも指摘されたことがあるそうです。

 

続けて動的評価をしてみると、

側方動揺

がみられ、

どうやら脚長差もそれに関与しているようでした。

 

この脚長差、オリンピアンの高橋尚子選手が有名で

当時、asicsにいた技術者がこっそり靴で脚長差を補った

というのは業界では知る人ぞ知るという話です。

 

ということで今回はそのあたりにガシッとアプローチをする

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

脚長差を補うランニングシューズとランナーズニー。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

側方動揺もだいぶ抑えられました。

 

調整時にはトレーナーからのリクエストに応えつつ

完成時にはかなりの動作改善がみられました。

 

Iさん自身も手応えを十分に感じていただけたようで

「自分自身の走りが変わったのを体感できるし、

何より膝にストレスを感じないです」


と喜んでいただけました。

 

クドいようですがもう一度。

ランナーズニーはランナーが必ずなるものではありませんよ!

 

ってことで、ランナーズニーにお困りの方は

Plus-Rにご相談くださいな。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja