2016年11月アーカイブ

東京都葛飾区よりお越しのKさん。

バレーボールプレーヤーのKさんは種子骨障害でお悩みです。

 

種子骨障害についてはこちらをご覧ください↓
親ゆびの付け根(足の裏側)が痛くなる種子骨障害の原因と対策

競技特性として

ジャンプ

をするバレーボール

 

そのジャンプをする時に大活躍する

親ゆびの付け根が痛む

というのは致命的です。

 

ということで今回はバレーボールシューズ

インソール作製と靴の加工を行う

Plus-Rフィッティングを行いました。

バレーボールと種子骨障害。

 

足の検査計測をしたところ、Kさんが現在使用している

asics社製のバレーボールシューズがとてもいい感じで

まだ未使用ストックがあるとのことでしたので

今回はそちらにPlus-Rフィッティングを行いました。

 

インソール作製後の使用感はが良かったらしいのですが、

それ以上に靴の内側のラインを合わせた加工

かなり良かったそうで、大変喜んでいただけました。

 

が、一つ残念なお知らせが。

いままでKさんが愛用していたこちらのバレーボールシューズ

 

生産がもう終わってしまったのです。。。

 

Plus-Rフィッティングを行っている

他のVリーガーにもこのバレーボールシューズの愛用選手がいるのですが

今夏から靴の変更をしました。

 

さて、次のはどうしましょうか。

 


Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/ カイロプラティック・整体・骨盤矯正Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』
 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

先日来院された、とある患者さんとのやり取りを

今回のブログでは取り上げたいと思います。

 

実は今回取り上げるトピックは

今までにも何度となく繰り返されていることで

私自身が困っていることのひとつです。。。

 

では本題に入ります。

このは当院にいらした患者さんが以前、

とあるスポーツ量販店靴売り場

できるだけ幅の細い靴がほしいのですが」

と店員にリクエストを出し、その店員が持ってきてくれた靴です。

量販店の言うサイズ・メーカーと妄信。

ナイキ社製の靴です。

その店員いわく

ナイキの靴は他のメーカーのものよりも幅が細くできています

とのことです。

 

大型のスポーツ量販店のシューズコーナーにいるスタッフが言っているのだから

間違いないともちろん思い、言われるがままに購入したそうです。

 

しかし購入後にしばらく履いていたものの

自身の思惑通りにならず、更に靴幅の細さを体感することもできず...

そんなタイミングでPlus-Rに来院されました。

 

そこでPlus-Rとして提案させていただいたのがこちらの

量販店の言うサイズ・メーカーと妄信。

もちろん足の検査計測は細かく行った後の選択で、

通学に使える白ベースの靴を希望されていたので

今回はこちらのになりました。

 

さてさて

量販店細身の靴と紹介された

Plus-Rで紹介させていただいたを比べてみましょう。

 

まずはの全体像から。

量販店の言うサイズ・メーカーと妄信。

これを見るだけでもNIKE社製の靴のほうが

幅が広いのがわかるかと思います。

 

そしてこれらのに入っている靴の中敷きを取り出して

量販店の言うサイズ・メーカーと妄信。

この中敷き2種を重ねて比べてみます。

※グレーの中敷きNIKE社製
白がPlus-Rで紹介したasics社製

量販店の言うサイズ・メーカーと妄信。

中敷きを比べても明らかにNIKE社製の方が幅広です。

 

足幅設定は日本サイズで足囲重視。外国サイズで足幅重視

違いがあるものの、

やはり今回の場合、明らかにNIKE社製の方が幅が広いです。

 

幅が狭い靴をリクエストして

出てきたのが幅が広い靴

 

きっとこのNIKE社製のを紹介したスタッフは

靴のことを知らないんだと思います。。。

 

過去にもスポーツ用品店や量販店で幅が狭い靴を探していたら

でしたら○○というメーカーのものがいいですよ

とか

□□は靴幅が細いですよ

など、

メーカー一緒くたで処理をされて後で困る。

そういった方を見てきています。

 

そしてそういった方の数は少なくありませんでした。

 

もちろん今回ご紹介させていただいた

asics社製でも幅広の靴はあります。

 

ですから何が言いたいのかというと

このメーカーの靴は細い

など、そういった類の話はあくまでも

妄信

であるということを知っておくことが大事だということです。

 

もちろん私自身は

できるだけニュートラルの感覚で

その方に合った靴をご紹介するよう心がけ

日々実践しています。

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/ カイロプラティック・整体・骨盤矯正Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』
 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県所沢市よリお越しのTさん。

バスケットボールプレーヤーであるTさんは長年

足関節捻挫後遺症

にお悩みです。

 

足関節捻挫後遺症とは色々あるのですが

よく言う

捻挫は癖になる

というのも広義で足関節捻挫後遺症に入ります。

 

Tさん自身も足関節捻挫を繰り返し、

足関節自体がとても弛く

それはTさんのプレーにもとても影響を与え、

ターン動作の時や、ジャンプ着地の時など

常に足首に意識を持っていかれるそうです。

そうなると思い切った動作というのがなかなか難しくなってしまいます。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとTさんの踵の形状が細く、

更になんというか、

とても個性のある形状をしていることがわかりました。

 

ということで今回はインソール靴の補正(特にかかとの再形成

を行うPlus-Rフィッティングで、足首の安定を狙いました。

足関節捻挫とバスケットボール。

Plus-Rフィッティングを行った後は

足首の安定感と安心感が桁違いで良くなった!

と非常に喜んでいただけました。

 

バスケットボールと足首の安定性

非常に大事です。

足首にお悩みの方はご相談ください。

 

Plus-Rには

他所ではできないアプローチがあります☆

 

【お知らせ】

2016.5.17 多くの方に支えられ、お陰様で当院も開業10周年を迎えることができました。

ありがとうございます!

日々アップデートしつつ、皆様に寄り添えるよう頑張っていきますので

これからもよろしくお願い致します。

開業当初と比べ現在はインソールの業務、

心理学をベースとしたコーチングの仕事と合わせてかなり増え、

「身体・足・靴・心」と人を総合的にみるようになりました。

そこで開業10周年を契機に「Plus-R」として活動していくこととなりました。

こちらもよろしくお願い致します。

詳しくはいい足どっとcom運営、Plus-R概要をご覧ください。

Plus-R概要

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/ カイロプラティック・整体・骨盤矯正Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』
 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県ふじみ野市よリお越しのKさん。

以前より

外反母趾

でお悩みで整形外科のお世話になっているそうです。

 

そんなKさん、加齢とともに体重が増加してきて

健康診断での血液検査の結果も

コレステロールやら

尿酸値やら

なんやらの数値がよろしくなく

Dr.からも減量をすすめられたそうです。

 

体重増加の心当たりは?と振り返ると

もちろん加齢もあるのだけれども、50代を過ぎたあたりから

外反母趾の具合も少しずつ悪くなり、

親ゆびの痛みがあるため

大好きな運動ともだんだん遠ざかって...

といったことがあったそうです。

 

じつは外反母趾の方がゆびの痛み運動をしなくなるというのは

非常によくあるケースなのです。

 

しかし外反母趾の方が運動をしなくなってくると

足の中でも筋力の低下が起こり、

なかでも母趾外転筋といって

足のゆびをパーにする筋肉の力が劣ってくると

外反母趾進行が進んでしまうんです。

 

外反母趾運動が大事。

だけれど運動をすると外反母趾が痛む。

 

ではどうすればいいのかというと

運動をしても外反母趾による痛みが出にくい環境を作る。

といったことが大事になってきます。

 

今回はKさんに対して

インソールの作製靴の補正Plus-Rフィッティングを行ったわけですが、

この中でも

足にゆびが動きやすくなる靴紐の締め方

というのがあって、

コチラの指導も非常に大きな威力を発揮してくれます。

外反母趾とランニングシューズと靴紐の締め方。

Kさん自身も

「歩いていて不安なくゆびで地面を蹴飛ばせる感覚は

とても久しぶりです」

と大変喜んでいただけました。

 

【お知らせ】

2016.5.17 多くの方に支えられ、お陰様で当院も開業10周年を迎えることができました。

ありがとうございます!

日々アップデートしつつ、皆様に寄り添えるよう頑張っていきますので

これからもよろしくお願い致します。

開業当初と比べ現在はインソールの業務、

心理学をベースとしたコーチングの仕事と合わせてかなり増え、

「身体・足・靴・心」と人を総合的にみるようになりました。

そこで開業10周年を契機に「Plus-R」として活動していくこととなりました。

こちらもよろしくお願い致します。

詳しくはいい足どっとcom運営、Plus-R概要をご覧ください。

Plus-R概要

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/ カイロプラティック・整体・骨盤矯正Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』
 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja