2015年3月アーカイブ

埼玉県戸田市よりお越しのMさん。

女子サッカー選手のMさんが初めて来院されたのは1年半前。

来院時は捻挫癖と足首の痛みでお悩みでの来院でした。

当院で足の検査計測を行い、それをもとに靴選びをし、

それに対してインソールを作製した後は来院時の悩みを

解消することが出来たと喜んでいただけ、

その後も定期的にインソールの作製で来院くださっています。

 

Mさんは毎回同じメーカーの同じシューズを選んでいるのですが、

今回作製のタイミングではそのシューズが廃番となってしまい、

マイナーチェンジ程度ですが、靴の構造が若干変わりました。

サッカーシューズ

画像左が今まで履いていたTSI724という品番のアシックス社製のサッカーシューズです。

画像右が今回新しくなったTSI734という品番のサッカーシューズです。

品番こそ違えど品名は同じ。色合いも似ているし・・・。

ただ今回の仕様変更で大きく違うのが

サッカースパイク

ベロ(足の甲)部分の紐を通すスリットの形状が変わったところです。

靴の構造が変われば歩行が変わる。

歩行が変わればアプローチも変わる。

ということで、今回は今までと違ったインソールの形状となり、

今まで行わなかった靴の調整を行いました。

 

Plus-R




 

※インソールは完全予約制となっております。
まずはお電話にてご予約をいただけますよう、お願い致します。

※予約多数のため、現在カイロプラクティック・整体・骨盤矯正の
新規のご予約はお受けしておりません。
大変申し訳ありませんが、ご了承のほど宜しくお願い致します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

埼玉県さいたま市大宮区よりお越しのAくん。

中学2年生のAくんが初めて来院されたのはおよそ1年前。

当時は足底筋膜炎による土踏まずの痛みでお悩みでした。

当院でインソール作製後には痛みがなくなり、現在も痛み等の問題はないのですが、

その後も継続してインソール作製に来てくださっています。

今回は新学期から履く通学用の外履きと上履きに対してのインソール作製の

リクエストだったのですが、ここでタイトルの通り。

 

Aくんの足のサイズを計測すると、大きい方の足のサイズが252mm。

厳密に言うとジャストフィットは250mmなのですが、

Aくんに今回選んでもらった上履きのサイズは24.5cmで

靴のサイズの選び方

外履きは25.5cmでした。

靴のサイズの選び方

みなさんも経験ありませんか?

例えば普段は25.0cmの靴を履いているけれど、

◎◎というメーカーの25.0cmは若干きつくて

☆☆というメーカーの25.0cmは若干ゆるい。

こんなこと。

 

ではこんな時、どうやってジャストフィットを選択すればいいのかというと、

当院の運営する足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』の

靴のサイズの選び方のページを参考にしてみてくださいね♪

 

Plus-R




 

※インソールは完全予約制となっております。
まずはお電話にてご予約をいただけますよう、お願い致します。

※予約多数のため、現在カイロプラクティック・整体・骨盤矯正の
新規のご予約はお受けしておりません。
大変申し訳ありませんが、ご了承のほど宜しくお願い致します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

埼玉県さいたま市岩槻区よりお越しの中学1年生のSくん。

小学生の頃から左足の踵が痛く、整形外科を受診したところ

Sever病踵骨骨端症)」と診断されたようです。

当時は頻繁に整形外科に通い、電気治療を行ったり、湿布を貼ったりと

していたそうなのですが、経過は芳しくなく、

整形外科からも段々と足が遠のいていってしまったそうです。

その後も痛みを感じつつも我慢しながら痛そうなんですが、

小学生から続けていた野球の練習頻度が中学生になったらとたんに増え、

それとともに痛みが激しくなっていってしまったそうです。

 

通例通り、足の検査・計測をさせて頂きSくんの足の適正サイズを知り、

今回は所属する野球部で指定されている野球のスパイクにインソールを

作製しました。

そしてこの踵骨骨端症、足のサイズに加えて「反力(地面から跳ね返ってくる衝撃)」も

十分に考慮しなくてはいけないので、今回は

・Sくんの足

・Sくんが感じるSever病での痛みの部位

・Sくんが履く野球のスパイクの特性

を考慮して、スパイクにも加工を施しました。

踵骨骨端症と野球のスパイク

インソール作製後にはかかとの痛みがかなり軽減され、

久しぶりに思いっきり走ることができたと喜んでいただけました。

 

Plus-R




 

※インソールは完全予約制となっております。
まずはお電話にてご予約をいただけますよう、お願い致します。

※予約多数のため、現在カイロプラクティック・整体・骨盤矯正の
新規のご予約はお受けしておりません。
大変申し訳ありませんが、ご了承のほど宜しくお願い致します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

神奈川県相模原市よりお越しのOさん。

Oさんはゴルフが趣味で、年間20回以上ラウンドされるそうです。

そんなOさんが半年ほど前、ゴルフ用品では有名なあるメーカーの

ゴルフシューズに新調した後から、右足の足の裏でちょうど親ゆびの付け根辺りに

痛みを感じるようになり、整形外科を受診したところ「種子骨障害」と診断されたそうです。

 

その後痛み止めの塗り薬を処方されたものの痛みが軽減することもなく、

スパイクも違うメーカーのものに変更したけれど、それでも痛みが出てしまったそうです。

 

通例通り、まずはOさんの足の検査・計測をさせて頂き、

今回はFootJoyのゴルフシューズを紹介させて頂き、それに対してインソールを

作製しました。

ゴルフシューズと種子骨障害

インソール作製後には種子骨部分が痛むということは全くなくなり、

それに加えて、今までは後半が疲労によってプレーがダレてくることが

多かったそうなのですが、それも無くなって、後半も安定して

ラウンドすることが出来るようになったと喜んでいただけました。

 

ゴルフシューズにもメーカーは色々あり、各メーカーごとに特色も様々ですが、

当院ではそういったところも踏まえて足にフィットしやすい靴のご紹介をさせて頂いています。

 

Plus-R




 

※インソールは完全予約制となっております。
まずはお電話にてご予約をいただけますよう、お願い致します。

※予約多数のため、現在カイロプラクティック・整体・骨盤矯正の
新規のご予約はお受けしておりません。
大変申し訳ありませんが、ご了承のほど宜しくお願い致します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

埼玉県さいたま市西区よりお越しの70代のHさん。

40代後半から膝の内側が痛み出し、整形外科を受診したところ

変形性膝関節症」と診断されたようです。

現在も整形外科に通い、電気をかけたりマッサージを受けたり

ヒアルロン酸の注射をしたり・・・ということを定期的に行っているそうです。

 

Hさんは毎日のウォーキングが日課で、それに対してインソールを希望されていました。

まずは足の検査・計測をさせて頂き、Hさんにあったウォーキングシューズを

ご紹介させて頂き、それに対してインソールを作製したのが昨年末。

その後、「膝の具合がとてもいい」と大変喜んでいただけました。

そして今回はちょっと買い物に行くときや旅行などの時に履ける靴に

インソールを作製してほしいとのリクエストを頂いたので、

new balanceのウォーキングシューズをご紹介させて頂き、

それに対してインソールを作製しました。

変形性膝関節症とウォーキングシューズ

こちらの靴でも膝の具合がとてもいいと喜んでいただけました。

 

変形性膝関節症は骨そのものが変形するものなので、

インソールを使用しても変形が元通りになるということはありませんが、

それでも痛みなどを和らげる可能性を十分にのぞめます。

 
Plus-R
 

※インソールは完全予約制となっております。
まずはお電話にてご予約をいただけますよう、お願い致します。

※予約多数のため、現在カイロプラクティック・整体・骨盤矯正の
新規のご予約はお受けしておりません。
大変申し訳ありませんが、ご了承のほど宜しくお願い致します。


Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515

※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja