埼玉県富士見市よりお越しのKくん。

高校球児であるKくんは中学生の頃から

足の親ゆび付け根部分の足の裏側が痛み、整形外科

二分種子骨による種子骨障害

と診断されているそうです。

 

Kくんはとっても真面目に野球と向き合い、例えば

炭酸やお菓子は極力摂取しない。

とか

お風呂上がりには毎日ストレッチをする。

などど行ったことを心がけ、

それは種子骨障害に対しても同様で、

選び靴の専門家にちゃんとしてもらったり、

靴紐も毎回ちゃんと締めなおしたり、

痛み止めを欠かさず塗ったりと

Kくんが出来ることはちゃんとやってきたそうです。

 

それなのに種子骨障害による足の痛みで思うように動けず、

とても歯がゆい思いをしているそうです。

 

これはなんとかしてあげたいですね!

 

ということでまずは通例通り足の検査計測を入念に。

ここでいつもの流れだと

サイズが合っていない靴を履いていた。となるのですが

Kくんは靴の専門家靴選びをしてもらっただけあって

靴のサイズはジャストフィットでした。

 

次に靴の履き方はというと…

若干補正箇所があったものの、

これまたとても上手な履き方で問題はありませんでした。

 

しかし実は…

もうここまでの流れの中で

「ひょっとしたらこれが原因じゃないのかな~?」

というのが私の中にあったのです。

 

そこでスパイクを履いた状態でKくんに歩いてもらったら…

やっぱり予想どおりでした。

 

今回履いていたKくんのスパイクについている金属の歯の位置。

これが微妙にKくんの種子骨の位置に干渉し、

そのスパイクを履いて歩行すると、

Kくんの歩行の癖と相まって、種子骨部位の荷重が強くなりすぎる。

これが原因となっているようでした。

 

以前靴選びをしてもらったところでは

サイズやスパイクの性能などを考えることができたものの

足の問題とその靴の構造。更にそれらが合わさった時の歩行

ここまで考えられなかったようですね。

(※ここまで考えられる人はなかなかいません)

 

ということでまずは歯の位置を考慮した靴の選定。

今回はアシックス社製の野球スパイクにしました。

種子骨障害と野球のスパイク。ネックは○の位置と○○の癖でした。

 

そしてそれに対してインソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

 

今回のPlus-Rフィッティングのポイントは

種子骨部位の免荷

です。

 

金属スパイクの歯種子骨にできるだけ干渉しないを選び、

さらに歩行時に足首や他動作との兼ね合いをはかりつつ、

種子骨部位を免荷する。

 

これが今回のPlus-Rフィッティングの内容です。

 

それによりPlus-Rフィッティングを行ったあとは満面の笑みで

「足が痛みを感じないで野球ができる日がくるなんて夢みたいです」

と、とっても喜んでいただけました!

 

を見るのが靴の専門家を見るのが足の専門家。

Plus-Rには足と靴と歩行の専門家がいるので

歩行。いろんな切り口から原因を探ることが出来るんです。

 

Plus-R 代表 市塚

*全国対応可能*
【認知症の方向け。市販靴へのGPS端末埋め込み加工】

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正:Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。