今日は先日いらした新患さんとのやり取りを紹介します。

こちらの方、足にちょっとしたトラブルを抱えていて、

そのトラブルが趣味のランニング中に痛むからと

某スポーツ用品の量販店に相談に行ったそうです。

 

こちらの会社はショッピングモールに出店する規模のものなので

店舗の規模もかなりのもので私自身もお正月の初売りで

先日トレーニングウェアを購入させてもらいました。

 

で、この某量販店は最近シューフィッティングに力を入るようで

WEBやSNSなどでも広告をそこそこ見かけるお店です。

 

 

そのWEB広告の動画を新患さんも見かけたらしく、

一度みてもらおう!

と思い立って足を運んだそうです。

 

担当してくれた店員さんは

のことを色々と教えてくれて、

足のサイズも計測してくれて、

その上でおすすめの靴を選んでくれたそうです。

 

もちろんその靴を迷わず購入。

早速靴を履いてランニングに出かけたそうです!

 

ところが….

足が痛い……

 

といった経緯からのPlus-Rへの来院でした。

 

早速靴を見させていただいたのですが、

量販店での足計測。弘法も筆の誤りとはいうものの...。

明らかにサイズが大きいですね…。

 

つま先から中敷きの先端まで2.5cm余っていました。

 

お店でのやり取りがどんなものであったのかを伺い、

そちらを整理してみると

・あなたの足幅は普通です

・あなたの足の形状は○○です

・あなたの足のサイズを測ってみたところ229mmです

・だからちょうどいいのは23.0cmです

・靴は捨て寸が必要で1cmくらい余るのがいいです

・だから24.0cmの靴にしましょう

……はいここ!!

 

途中までは良かったのですが、

・だから24.0cmの靴にしましょう

これが良くない!

 

メーカーや種類によるのですが、

靴は基本的に捨て寸を計算して作っていて

23.0cmで売りに出されている靴の中身は24.0cmあり

1cmの余りをもともと考えて作ってある事が多いんです。

※クドいようですがメーカーや種類によりますよ。

 

で、今回勧められて購入した靴はというと

内寸が256mmありました。

 

つまりこういうことです。

・24.0と表記している靴。メーカーは1.5cmの捨て寸を考慮して製造

(実測240mmの足の人が履くと1.5cm余るようにしてある)

・実測229mmの人がその靴を履くと

靴の内寸256-足の実測229=27mm

ということです。

 

要するにこちらの店員さん。

靴に捨て寸がもともとあるのを知らなかったんでしょうかね。

 

ということで新たにサイズを提案させて頂き

その後はとても足の状態が良好になりましたよ。

といったお話でした。

 

実はこういった店員さんが少なくないから困ったものです。

 

靴選びや捨て寸のことはこちらにもまとめてあります。
靴のサイズの選び方

よかったら参考にしてくださいね。

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。