埼玉県さいたま市浦和区よりお越しのFさん。

 

Fさんは

変形性股関節症

による股関節の痛みがあり、かかりつけの整形外科

インソールの使用を勧められたそうです。

 

通例通り足の検査計測を入念に。

するとFさん。

股関節の影響か、歩行時の踵が地面につくタイミングでの

下肢の不安定性

が顕著にみられ、さらに

歩幅が非常に狭いということがわかりました。

 

歩幅の狭さはFさん自身も自覚しており

歩いていても非常に疲れる

とのことでした。

 

ただ、歩幅を広げると股関節が痛い

 

股関節が痛まないようにそ~っと歩いているそうです。

 

ということで今回はまず

股関節に出来るだけストレスを与えないために

安定性の獲得

と、股関節に出来るだけストレスを与えないように

一歩を大きく

がテーマです。

 

Fさんにはnew balance社製のウォーキングシューズを紹介させて頂き、

インソールの作製との補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

ウォーキングシューズと変形性股関節症

特に今回は、いつも以上にゆっくりとしたペースで。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

下肢の安定性の獲得もバッチリ。

意識することなく歩幅が広がり、Fさんも

頑張らなくてもスタスタ歩ける

と、とても喜んでいただけました。

 

この秋は紅葉を見に京都にお出かけをしてみたいと仰っていたので

この靴でなら、旅行も楽しめそう!

とも♪

 

家で例えるなら、

「1階の柱」がスネの骨。

「2階の柱」がモモの骨。

「屋根」は骨盤。

膝と股関節は「接合部分」になります。

 

そこで「基礎」はというと足と靴にあたります。

基礎が不安定だと、その上に乗る柱も不安定になり

それは接合部分に軋みや歪みを与えます。

 

と考えてみても、

基礎ってやっぱり大事ですよね!

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。