月に2~3回はプロスポーツの現場に足を運び、

プロスポーツの現場で実際に動作解析を行いながら

インソールの作製との加工を行っています。

今日はそんな中からの一足。

 

V1リーグに所属する某球団でプレーする

バレーボール選手が履くバレーボールシューズです。

半月板損傷とバレーボールシューズ。

 

今回ご紹介するはもう9足目の加工となります。

学生時代からずっとその世代のトップレベルでプレーしていた

このバレーボールシューズの持ち主の方に

私が初めてお会いした時は

なんというかもう満身創痍。

 

特に彼は

半月板損傷

という爆弾を抱えていました。

 

プレーを見させていただいたら

ジャンプからの着地時に膝の不安定性が顕著

本人もそれがとても怖いと言っていました。

 

履いていた自体のサイズはジャストフィットであったけれど、

とにかく足幅が細く、

そのため靴紐をギュ~っと締めると

出来上がった蝶々はとても大きなものになってしまっていました。

 

その時点でも幅のサイズ感が合っていないことがわかります。

 

しかし足幅の細い彼に合うバレーボールシューズは存在せず、

そのためにインソールと靴の加工

いかにデメリットを殺すか。

これが重大なテーマでした。

 

少しずつ手を加えては動作を確認。

そこからまた加工を足したり引いたり。

それの繰り返しで出来上がったのが

先程の画像のバレーボールシューズです。

 

一見普通のバレーボールシューズですが、実は

手に取っただけで違いが分かるほどの加工が施してあります。

 

インソールの作製と靴の加工を行う

Plus-Rフィッティング

を行った後は、彼の所属する球団の監督がみても分かるほど

着地時に膝が安定し、

安定性を獲得することができた結果、

着地を気にせず思い切り飛べるようになったために

スパイク時打点がグンと高くなりました。

 

プロスポーツ選手にとって、いちばん大事な商売道具は

「からだ」

です。

 

このままいけば東京オリンピックだって。。。

 

私自身も彼のこれからが非常に楽しみです!

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。