介護施設にお勤めのMさんは

以前から足の裏の親ゆびの付け根部分が痛むことがあり

だいぶ前に整形外科を受診したところ

種子骨障害

と診断されたそうです。

 

種子骨障害についてはこちらをご覧ください
親ゆびの付け根(足の裏側)が痛くなる種子骨障害の原因と対策

 

診断当時は湿布と塗り薬と痛み止めの投薬のみ。

がきいている時は痛くないものの

が切れるとまた痛くなり、

塗り薬は面倒で塗ったり塗らなかったり。

湿布を貼って歩くと足の裏がヌルヌルするから

日中は湿布も貼ることができず…。

 

以来ずっと種子骨障害による足の痛みとのおつきあいが

続いていたそうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

それらをもとにMさんに「合った」

を紹介させていただくのですが、

ここで言うMさんに「合った」とは

Mさんの

Mさんが履く

が合うだけでなく

・Mさんがその靴を履く環境

・その靴を履いた時に出て来るだあろう歩行の癖

などもひっくるめての

Mさんに「合った」靴を考えます。

 

そうなるとベターのはあるけどベストのがあるはずないんです。

 

今回考慮すべき点は「種子骨障害」に加え

Mさんが働く介護施設(使用環境)が

コンクリートの床」であるということ。

 

コンクリートの床ですと反力(地面から跳ね返ってくる力)が

強くなるのでそのあたりも十分に考え

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティングを行いました。

 

種子骨障害と介護職と使用環境に合った靴。

Plus-Rフィッティングをすることにより

ベターがベストに生まれ変わります


Plus-Rフィッティングを行った後は

仕事をしていても、びっくりするくらい足が痛くないです!

と、とても喜んでいただけました。

 

種子骨障害に悩む方って

実はとても多いです。

痛み止めは痛み止めであって

根本的には解決することができません

そんな時、靴とインソールでできることがあります。

 

ぜひPlus-Rにご相談くださいね♪

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。