埼玉県さいたま市浦和区よりお越しのJさん。

サッカー選手のJさんは有痛性外脛骨でずっとお悩みだったそうです。

 

有痛性外脛骨についてはこちらをご覧ください↓
内くるぶしの下が痛くなる有痛性外脛骨の原因と対策

 

スポーツ整形外来で足を診てもらったり

他所でインソールを作ったりと

様々なアクションを起こしてきたものの経過が芳しくなく、

とても困っていたそうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとJさんの足は

1.アーチが低く扁平足傾向

さらに

2.かかとの幅が広い

くわえて

3.足首が外反傾向

ということがわかりました。

 

上記1~3は有痛性外脛骨との相性がとてもよろしくない。

なぜかというとそれぞれの要素ともに

外脛骨の生地に干渉しやすい要素だからです。

 

今回はJさんにできるだけ合うサッカースパイクをご紹介させていただき

そのスパイクに対して

 

1.インソールアーチを作って靴と外脛骨の干渉位置を調整

2.履き口のラインがJさんのに合うようにスパイクを加工

3.足首のポジションインソールにて調整

 

といった流れでPlus-Rフィッティングを行いました。

サッカーのスパイクと有痛性外脛骨。

Plus-Rフィッティング後は

先生なにこれ?こんなには着心地が良くて足に合うスパイク初めて履きました!

と大変喜んでいただけました。

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。