前回は

「扁平足」について思うところ①~扁平足は本当に最近多いのか?~。

ということで

扁平足が増えていると言っているが、

・本当に扁平足が増えているのか?

・本当に扁平足が多いのか?

というところに疑問を投げかけるといった内容をお届けした。

 

今回は②ということで扁平足の種類についてふれてみる。

 

私を取り巻くごく狭い環境ではあるが、

実際当施設にお見えになる方の中でも

私の足は扁平足です」

と、自称扁平足の方は少なくない。

ちなみにこちらの画像の方も自称扁平足

「扁平足」について思うところ②~扁平足と外反扁平足~。

裸足を撮影してみると

確かに内側縦アーチが検査台のガラス面に触れているように見える。

しかしこの足を検査にかけてみると結果は

「扁平足」について思うところ②~扁平足と外反扁平足~。

となり、

前回提示した扁平足の画像

「偏平足」について思うところ①~偏平足は本当に最近多いのか?~。

とはかなり違う。

 

前回提示した扁平足の写真と決定的に何が違うのかというと

土踏まずがある

ということ。

 

上記足の写真。

見た目では土踏まずがなさそうなのに

検査をすると土踏まずがある。

(というより土踏まずがありすぎる=ハイアーチ)

 

世間一般で言う扁平足のイメージで行くと

扁平足とは土踏まずがなくなっている状態。

これはどういったことか。

 

そこで1枚目の写真、こちらを両足共に見ていただきたい。

「扁平足」について思うところ②~扁平足と外反扁平足~。

見てわかるように左足首が黒線で示す通り

くの字に変形(外反)している。

そのため内くるぶしがオレンジ色の矢印で示す

下方向への力が働き、

結果、外見的に内側の土踏まずが潰れ扁平足に見える。

ということが起こる。

 

これを

外反扁平

という。

 

この様に扁平足と言っても

土踏まずがなくなっている状態の扁平足

「扁平足」について思うところ②~扁平足と外反扁平足~。

【土踏まずがない扁平足】

・足首の構造上の問題(若しくは腓骨筋腱の問題)で

扁平足に見える外反扁平足

「扁平足」について思うところ②~扁平足と外反扁平足~。

【外反扁平足】

の種類にわけられる。

 

扁平足には種類があるということを知っておき、

実際に扁平足は多くなく

実は扁平足だと思われている多くが

外反扁平足

の可能性があるということを知っておくべきだ。

 

さて、上記写真に示した通り、

外反扁平足になるとハイアーチになっていることが多い。

「扁平足」について思うところ②~扁平足と外反扁平足~。

【外反扁平足はハイアーチが多い】

その理由についての一考はまた次回。

Plus-R 市塚

足との情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体骨盤矯正
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません~