先日はさいたま市北区よりA様が来院されました。
A様は60代の男性の患者様で、坐骨神経痛でお悩みです。
以前から当院に通って下さっているお子様からのご紹介でした。
病院でみてもらっても楽にならないと、当院に来院されました。
A様は左の臀部から太腿にかけて、強い痛みとしびれを感じるそうです。
最近では寝ていても痛いくらいで、
趣味のゴルフにもなかなか行けないとおっしゃっていました。
坐骨神経痛の説明をするために、まずは坐骨神経の説明です。
坐骨神経とは、腰椎(腰の骨)の5番目の骨から出ている太い神経で、
お尻を通って、太腿の裏側を通って下腿に向かいます。
その神経がどこかで圧迫されてしまうことで、
神経の通るラインに痛みやしびれる感じがするのです。
それが坐骨神経痛です。
A様の場合、ご自宅でお仕事をされているそうですが、
毎日長時間のデスクワークをなさるそうで、
お尻にある梨状筋という筋肉の緊張によって、
坐骨神経が圧迫されてしまっていることが考えられました。
しっかりと梨状筋の緊張を緩め、全身を矯正していきます。
こういった痛みやしびれは、一回の施術ですぐにとれてしまうこともあれば、
数回矯正を継続することで、段々と痛みが和らいでいくこともあります。
また、ご自身での日常的なストレッチも重要ですので、
誰にでも簡単で気軽にできるストレッチご指導させて頂きます。
施術が終わると、A様は「なんだかだいぶ楽だよ」とおっしゃっていました。
その後、二回目にいらした際、「ストレッチは続けていますか?」
と伺うと、「毎日やってるよ!おかげでほんとに痛みがひいてきたよ」と、
ニコニコされています。
しっかりとした矯正とストレッチの習慣、
これを続けることで、A様の坐骨神経痛はどんどん改善されています。
写真は私(酒井)が住んでいます川越の駅のそばにある花畑です。
今朝、写真を撮ってきました。
農家の方が季節ごとに様々な花を育てて、
みんなに公開してくれています。
花が満開になるまでは、「まだとらないでください」という看板が出ていて、
満開になると、「ご自由にお取り下さい」という看板にかわります。
地域の方が楽しみにそれを待っていて、
看板がかわると、家族で花を摘みにくる方が多くいます。
今回の花は、今朝解禁になったようですので、
きっと今頃、子どもたちが両手いっぱいに花を抱えていることでしょう。

Facebookページ♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitter♪
R-カイロプラクティックのtwitter

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R(埼玉県さいたま市)
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515

坐骨神経痛もお任せ下さい!/R-カイロプラクティック
足首の痛みもお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(インソール
腰痛もお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(携帯版)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません