みなさん、こんばんは。R-カイロプラクティック吉武です。

さて、前回に続き腰痛の説明をしていきますね。

今回は、急性腰痛症(ギックリ腰)、

次回の慢性腰痛症(長時間続く腰痛)に分けて説明したいと思います。

それでは今回は、急性腰痛症(ギックリ腰)。

急性腰痛症とは、腰部の筋肉、靭帯、椎間板、椎間関節などの損傷

(例えば、腰椎捻挫、筋筋膜性腰痛、椎間板ヘルニア等)により、

急激な痛みを伴う腰痛の総称です。

原因として

・急な動作

・疲労

・寒さや冷え

・運動不足

・肥満

・体のかたさ

・古傷(クセになっている状態)

などがあげられます。

症状として、動くと激痛が走るのが特徴です。

特に前屈、後屈時に痛みが増すので、

前かがみで顔を洗う、座って下を履く、

ベットや布団から起き上がるのが非常に辛くなります。

一旦立ち上がると痛みが治まる方もいますが、

重症の場合は立つこと、座ること、歩くこと全てがままならなくなります。

ここでギックリ腰になったときのポイント。

ギックリ腰になってしまったら「冷却」が重要になります。

腰は冷してはいけないと思っている方も多くいるのですが

ギックリ腰も捻挫の一種として考えることができます。

足を捻挫した時には温めないで冷しますよね。

それと同じです。

とにかく冷やしてください。

冷やすときは袋などに氷だけでなく水も一緒にいれ、

タオルなどで巻いて患部に当てて下さいね。

そして、寝る時の姿勢ですが

横向きの姿勢でエビのように腰、膝を曲げる格好か

上向きの姿勢で膝下に枕などをいれると良いですよ。

腰痛1はこちら♪

 

ギックリ腰もおまかせください!!

R-カイロプラクティック

~カイロプラクティック・整体骨盤矯正インソール(靴の中敷き)作製~

埼玉県さいたま市西区宝来2224-1

Tel: 048-671-1515
Home Page : http://www.r-chiro.net
Mobile Site : #