みなさんこんにちは。ございます。

R-カイロプラクティックの吉武です。

 

さて前回の坐骨神経痛シリーズの続きです。

今回は原因と症状について話していきます。

 

原因!!

よくあるものとして、腰椎椎間板ヘルニア・梨状筋症候群・腰部脊柱管狭窄症など。

他にも変形性腰椎症・脊髄腫瘍・骨盤腫瘍などがあげられます。

症状!!

・腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛!

椎間板ヘルニアとは、椎間関節(背骨の骨と骨の間のこと)

にある椎間板(クッションのようなもの)が骨と骨の間から

飛び出してしまった状態のことを言います。

このように状態になると、飛び出した椎間板が神経を

傷つけたり圧迫することによって坐骨神経痛になります。

 

・梨状筋症候群による坐骨神経痛!

お尻の筋肉の一つである梨状筋(りじょうきん)が、運動不足や限定的な

運動習慣によってお尻の筋肉が緊張し、

梨状筋の下を通る坐骨神経を圧迫することにより、

坐骨神経痛がおこります。

 

・腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛!

腰の骨の脊柱管(神経が通るトンネル)が狭くなることによって

坐骨神経痛が表れます。

脊柱管が狭くなる原因として、

生まれつき狭い、加齢により骨の変形(変形性腰椎症)やズレ(腰椎すべり症)

などにより脊柱管が狭くなります。

狭くなることで神経が圧迫され歩くと足の痛み・痺れ・こわばりなどの

坐骨神経痛が起こります。

 

次回は、処置について話していきます。

 

坐骨神経痛のこともR-カイロプラクティックにお任せください。

R-カイロプラクティック

~カイロプラクティック・整体骨盤矯正インソールの中敷き)作製~

埼玉県さいたま市西区宝来2224-1

Tel: 048-671-1515
Home Page : http://www.r-chiro.net
Mobile Site : #