半月板損傷とサッカーのスパイクとランニングシューズ。それぞれの形状に合わせた仕上げ。

埼玉県川越市よりお越しのSさん。

大学サッカーをプレーするSさんは1年生の時に

半月板損傷

により手術を経験されています。

 

手術後に膝の痛みが若干残り、何より

プレー中の膝の不安定さがとても怖い

とのことでの来院です。

 

Sさんの歩行分析をしたところ

たしかに膝の不安定性が顕著で

膝の安定性には明らかな左右差がありました。

 

ということで今回のテーマは

膝の安定性の獲得とパフォーマンスアップ

です。

 

Sさんには

サッカーのスパイクランニングシューズ

の2足にインソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

 

今回Sさんが選んだ

ミズノ社製のサッカースパイク

半月板損傷とサッカーのスパイクとランニングシューズ。

同じくミズノ社製のランニングシューズです。

半月板損傷とサッカーのスパイクとランニングシューズ。

 

2足とも履くのはSさん

2足とも同じミズノ社製

 

だけれど同じような歩行にならない2足。

だからインソールの仕上がりも

靴の補正箇所

2足で全く違うものになりました。

 

これが今回皆さんにお伝えしたいこと。

 

私がインソールを学び始めたのは15年以上前。

初めては足形をとって静的評価だけをしてインソールを作る。

そのインソールはどの靴にでも使えますよといった

今でもメジャーなやり方です。

 

しかしそこに限界と疑問を感じ、12年ほど前から

静的評価に加えて動的評価を行う手法を学び始めました。

 

そこで気づいた

歩行のクセ

靴のクセ

 

人間の性格も十人十色

褒められて伸びるタイプもいれば

叱られて伸びるタイプもいる。

 

足の形状も十人十色

甲高もいれば扁平足だっている。

 

歩き方にも本当に個性があります。

 

人それぞれ違うように、

靴も種類によってぜんぜん違う

 

だから人と靴を考えると

インソールの仕上がりも靴の仕上がりも

違って然り。

 

なんにしたって今回間違いなく言えることは...

Sさん、膝の安定性を実感し、

超絶喜んでくれたということ!

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.r-chiro.net/mt/mt-tb.cgi/879

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja

このブログ記事について

このページは、埼玉県さいたま市のインソール・靴の加工&カイロプラクティック・整体&コーチングの複合施設/Plus-RのBlogが2017年8月29日 16:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「男性の外反母趾とできるだけ幅サイズが合った靴。」です。

次のブログ記事は「膝の痛みと足関節捻挫後遺障害と自転車競技。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。