半月板損傷とテニスシューズ。メーカーによるサイズの違い。

埼玉県鶴ヶ島市からお越しのJさん。

女子テニスプレーヤーである

Jさんが初めて来院されたのはもう数年前で

半月板損傷による膝の痛みと不安定性

にお悩みでの来院でした。

 

当時は手術半月板のクリーニングを行なったものの

膝の痛みは思うように良くならず、

横への移動→ストップ動作

膝の不安定性を感じ、それが気になって

全力でプレーすることが怖い

と仰っていました。

 

Jさんは足が小さくて、さらに踵が細いので

色々と手を加える部分が多いのですが、

それでもPlus-Rフィッティングを行なった後は

半月板損傷による膝の痛み

プレー時の膝の不安定性

どちらもすぐに解消されて大変喜んでいただけました。

 

そんなJさんが先日久しぶりに来院。

Jさん自身、8・9足目のPlus-Rフィッティングリクエストです。

 

Plus-Rの在り方として

自分自身で靴選びがちゃんと出来るようになる

というのがあり、

当施設に来院される方には

靴選びのポイント

良い靴と悪い靴の違い

などを指導させていただきます。

 

こちらは今回Jさんがお持ちいただいた2足になるのですが

Plus-R靴と足の知識を蓄え、それをもとに

ちゃんと靴サイズの選択ができるようになると

このように

アシックスは22.5cm。ヨネックスは22.0cm。

といったサイズ違いの2足を持ち込むことがあります。

半月板損傷とテニスシューズ。メーカーによるサイズの違い。

 

 

しかし数字上はワンサイズ違うものの、

インソールを取り出して2足を比べてみると

物理上の長さサイズは同じです。

 

ここでもし

アシックスヨネックスも22.5cmを選ぶと

数字上は変わらなくても

物理上ヨネックスのほうがワンサイズ大きくなってしまいます。

 

するとヨネックスでは不安定性をまた感じる。。。

といったことが起こりかねません。

 

靴のサイズの選び方についてはこちらをご覧ください
靴のサイズの選び方

 

ちょっとしたポイントを抑えるだけで

足元の環境は大きく改善することがあるんですよ~(^o^)/

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.r-chiro.net/mt/mt-tb.cgi/873

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja

このブログ記事について

このページは、埼玉県さいたま市のインソール・靴の加工&カイロプラクティック・整体&コーチングの複合施設/Plus-RのBlogが2017年7月20日 08:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「胼胝(タコ)とスニーカー。」です。

次のブログ記事は「種子骨障害とソフトボール。復帰までの道のり。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。