足底腱膜炎とテニスシューズ。インソールだけでは不可能な例。

埼玉県川越市よりお越しのKさん。

「趣味はテニスです」

と仰っているKさんがテニスコートに足を運ぶ頻度は

週に5回。

趣味の範疇を超えていると思うのですが^^;

 

様々な大会にも出場し、入賞経験も数え切れないほどだそうですが、

かなり前から足の裏が痛くなることがあり、

ここ半年ほどは痛む頻度が増えてきて、

シューズを変えたりしてけれど一向に良くならないから

整形外科を受診したところ

足底腱膜炎

と診断されたそうです。

 

足底腱膜炎についてはこちらをご覧ください

かかとが痛いとトゲまでできる?足底腱膜炎の原因と対策

 

 

そしてそちらの整形外科インソールの作製を勧められて。

といった経緯での来院です。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとKさん。

足の幅普通の足幅だけれども、

踵がヒジョーに細いことがわかりました。

 

これはご自身でも自覚があったそうで

今までどの靴を履いてもフィット感を感じたことはない

とも仰っていました。

 

踵が細い人がテニスのように左右に動くスポーツをすると

一般的な踵の幅の人よりも靴の中で足が左右に暴れやすいです。

 

そこで安定性を獲得するために足裏の筋肉がオーバーユースとなり

結果、足底腱膜炎になってしまう。

 

これって実はよくある

足底腱膜炎、成り上がりすストーリー

なんです。

 

この場合もちろんインソールも有用なのですが、

インソールだけで全てを補う事はできるわけがなく、

そこはやはり靴の補正が絶対に必要になってくるわけです。

 

だって足の裏にあるインソール

踵の両脇すべてが細くすることはできませんから。

 

検査計測の結果を踏まえ、今回はこちらのテニスシューズ

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

足底腱膜炎とテニスシューズ。インソールだけでは足りない例。

 

Plus-Rフィッティング後は

靴を履いて初めてフィット感を感じました!感動!!

と大変喜んでいただけました。

 

さらにこちらのテニスシューズを履いて

1週間ほどで

足底腱膜炎による足の裏の痛みは完全消失したそうです!

 

インソールってとても素晴らしいアプローチですが

物理的にインソールでは無理な場合も多々あるのが現実。

 

そこで

靴の補正・加工・改造

ができるのはPlus-Rの大きな強みだと思います。

 

足と靴にお悩みの方、

是非Plus-Rにご相談くださいね♪

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.r-chiro.net/mt/mt-tb.cgi/860

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja

このブログ記事について

このページは、埼玉県さいたま市のインソール・靴の加工&カイロプラクティック・整体&コーチングの複合施設/Plus-RのBlogが2017年4月19日 15:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学生時代の足関節捻挫の後遺症とカジュアルシューズ。」です。

次のブログ記事は「本当の扁平足。足首の動きが悪い。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。