埼玉県鶴ヶ島市からお越しのJさん。

女子テニスプレーヤーである

Jさんが初めて来院されたのはもう数年前で

半月板損傷による膝の痛みと不安定性

にお悩みでの来院でした。

 

当時は手術半月板のクリーニングを行なったものの

膝の痛みは思うように良くならず、

横への移動→ストップ動作

膝の不安定性を感じ、それが気になって

全力でプレーすることが怖い

と仰っていました。

 

Jさんは足が小さくて、さらに踵が細いので

色々と手を加える部分が多いのですが、

それでもPlus-Rフィッティングを行なった後は

半月板損傷による膝の痛み

プレー時の膝の不安定性

どちらもすぐに解消されて大変喜んでいただけました。

 

そんなJさんが先日久しぶりに来院。

Jさん自身、8・9足目のPlus-Rフィッティングリクエストです。

 

Plus-Rの在り方として

自分自身で靴選びがちゃんと出来るようになる

というのがあり、

当施設に来院される方には

靴選びのポイント

良い靴と悪い靴の違い

などを指導させていただきます。

 

こちらは今回Jさんがお持ちいただいた2足になるのですが

Plus-R靴と足の知識を蓄え、それをもとに

ちゃんと靴サイズの選択ができるようになると

このように

アシックスは22.5cm。ヨネックスは22.0cm。

といったサイズ違いの2足を持ち込むことがあります。

半月板損傷とテニスシューズ。メーカーによるサイズの違い。

 

 

しかし数字上はワンサイズ違うものの、

インソールを取り出して2足を比べてみると

物理上の長さサイズは同じです。

 

ここでもし

アシックスヨネックスも22.5cmを選ぶと

数字上は変わらなくても

物理上ヨネックスのほうがワンサイズ大きくなってしまいます。

 

するとヨネックスでは不安定性をまた感じる。。。

といったことが起こりかねません。

 

靴のサイズの選び方についてはこちらをご覧ください
靴のサイズの選び方

 

ちょっとしたポイントを抑えるだけで

足元の環境は大きく改善することがあるんですよ~(^o^)/

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県坂戸市からお越しのNさん。

Bさんのお悩みはズバリ

胼胝(タコ)

 

歩いていても痛くて気になるし

どうにかすると家で裸足でいる時も痛くなる。

 

胼胝が大きく育つたびに

カミソリで削いでみたり

皮膚科で削ってもらったり。

 

そうすると胼胝は小さくなり痛みも良くなるけれど

暫く経つとまた胼胝が育ってくる。。。

 

の繰り返しで今日に至るそうです。

 

まずはBさんの素足がこちら。

胼胝(タコ)とスニーカー。

緑の矢印が胼胝の部分です。

立派に育っていますね^^;

 

小ゆびにある緑線で示す胼胝

女性に多く見られるもので、

「あ、私の小ゆびにも細長い胼胝があるわ」

なんて思う方もいるのではないでしょうか?

 

さて、胼胝ができる原因は様々で一概には言えませんが

このブログの恒例でもある

いい足どっとcom

での症例説明ページヘのリンクをご覧ください。

 

 

胼胝(タコ)についてはこちらをご覧ください
多くの人が持っている胼胝(タコ)の原因と対策

 

 

そうです。

やっぱりBさん、大きい靴をはいていました。

 

そこでBさんに靴選びのアドバイスをさせていただき

それを元にご自身で靴を購入してきてもらい

そのに対してインソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

胼胝(タコ)とスニーカー。

Plus-Rフィッティングを行なった後、

1ヶ月半後の経過を伺うと

「友達と旅行に行ったけれど痛みはまるっきり感じなかったし、

胼胝もなんだか大きくならなくなったみたい!」


 

と大変喜んでいただけました。

 

今はまさに夏。

靴下を履かないで素足でいることも増える時期ですね。

 

ということは

人に素足を見られる(かもしれない)時期

ともいえます。

 

痛いのはもちろんイヤでしょうが、

痛くなければ胼胝がある足でもいいですか??

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

こういったサンダルやらミュールやらに対しての

インソール作製のオーダーを頂くようになると

「夏だな~」

と実感します♪

種子骨障害とサンダルやらミュールやら。女心に寄り添って。

ここ埼玉では台風3号の影響もさほどなく

今日は今季初でしょうか。

蝉の鳴き声まで聞こえてきます。

夏をなお感じますね♪

 

東京都町田市からお越しのNさん。

Nさんが初めて来院されたのは昨年末のこと。

 

種子骨障害

による足の痛みが激しく、

来院当初は歩行もままならないような状態で

娘さんに付き添われての来院でした。

種子骨障害についてはこちらをご覧ください
親ゆびの付け根(足の裏側)が痛くなる種子骨障害の原因と対策

 

初めての1足はニューバランス社製の靴に

靴の補正とインソールの作製を行う

Plus-Rフィッティング

種子骨障害とサンダルやらミュールやら。女心を考慮して。

 

 

その後足の状態はどんどん良くなり、

Plus-Rフィッティングのリクエストも

2足目、3足目と増えていき・・・

 

今日は5・6足目のリクエストでの来院でした。

そしてそのうちの1足が冒頭の写真です。

種子骨障害で悩んでいたし

本当に痛かったけれど

またこういった靴が履けるようになって良かったです。


と喜んでいただけました!

 

ちなみに冒頭の写真。

実はもう

Plus-Rフィッティングを行なったあとのものなんです!

 

Nさんも最初は

「どこを加工したの?」

といった感じでしたが、

足を通したら明らかに違っていたようで

その違いに驚いてらっしゃいました。

 

そもそもの話、サンダルミュール

インソールを作製する技術を持った人間自体が少ないのですが、

仮にサンダルミュールインソールを作れたとしても

脱いだ時や、歩行の時にちらっと見える中敷き

いかにもインソールが入っています

的なビジュアルになることがほとんどです。

 

それだと折角のオシャレが台無しになってしまうような気がして^^;

 

ということでPlus-Rでは極力

女心を大事にしたフィッティング

を心がけています♡

 

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

福島県会津若松市からお越しのNさん。

Nさんは

変形性膝関節症

による膝の痛みがあり、膝の変形も顕著です。

 

変形の影響もあるのですが、何より

「膝の痛み」

により、歩行もおぼつかないような状況で、

普段から杖を使用して

「やっと歩いている」

そんな状況でした。

 

以前医師から膝の手術を勧められたそうなのですが、

本人も医師

手術をできるだけ先延ばしにしたほうがいい」

との共通認識があったそうです。

 

そういった経緯もあって以前に他所の医療機関を選んでもらい、

インソールを作ってもらったことがあるそうなのですが、

それがどうにもしっくりこなかったようです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとNさんはかなりサイズが大きい靴を履いていたことがわかりました。

これにはNさんもビックリ。

だって前述の通り今履いている靴は

他所の医療機関で靴を選んでもらった

ですから。。。

 

そこでNさんには

合わない靴が膝に及ぼす影響などを

しっかりと説明させていいただき、

Nさんに合った靴と、

Nさんからのリクエストである

室内履き

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

変形性膝関節症とウォーキングシューズ。手術が少しでも先延ばしになるように。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

歩行が顕著に改善され、

最終調整後の完成時の歩行では

「なんだかもう杖もいらないみたい」

との好感触♪

 

最後には

「靴の合う合わないにしても、知らなさすぎました。

ピッタリ合う靴は体だけでなく心にも影響します。

外、内履き両方インソールを作っていただきましたが

手術せず、日常生活を快適に送っています。

先生に出会ってよかったとつくづく思います」


と仰ってくださいました。

さらに

「知らないって怖いねーと娘と言い合っています。

多くの方に自分の足に合う靴の大切さを

ぜひ知ってほしいです」


とのコメントもいただきました。

 

ちょっとしたことで日常生活って変わります。

それは

良くも悪くも

です。

 

ですから私はこれからも

そのちょっとしたことを大切にする良さを

足と靴を通して伝えていきたいと思います。

 

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県飯能市からお越しのKさん。

ソフトボール部に所属するKさんの悩みは

ふくらはぎの痛み

 

3ヶ月ほど前からふくらはぎが痛むようになり

部活帰りに毎日整骨院に通ったものの痛みは一向に改善されず

整形外科を受診したところ

シンスプリント

と診断されたそうです。

 

整形外科では

湿布・固定・安静・スポーツ活動の一時休止

を指示され、言われた通りにしていたら痛みがなくなったので

練習を再開すると、とたんに再発。。。

 

こういった悪循環。

私のところでよく見聞きします。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

そしてそれをもとに靴のサイジング

ソフトボールはチームカラーというものがあるので

それを考慮して靴選びをしました。

 

そして静的評価を行い、その後に

裸足歩行

靴を履いての歩行

をみる動的評価

 

ここまででKさんの歩行には

・足首の動きが少ない

・蹴り出しの方向が悪い

などの気になる点がいくつか見えてきました。

 

足首を動かす筋肉ふくらはぎにあって

蹴り出しの方向が悪いから

ふくらはぎにある筋肉にイレギュラーな信号を送ってしまう。

そしてそれがシンスプリントの引き金にだってなりえます。

 

スポーツ活動の一時休止を徹底し、

今起きている炎症が治まれば痛みも引きますが、

大事なのは

炎症を起こす原因を取り除く

ことです。

 

原因が解決されなければ今回のように

再発を繰り返してしまいます。

 

と、ここまできたら

いよいよPlus-Rフィッティングが始まります。

 

今回はこちらの

蹴り出し方向をストレスの掛からない方向に導く

ことに重点を置いた

Plus-Rフィッティングを行いました。

シンスプリントとソフトボール。

 

Plus-Rフィッティングを行い一ヶ月半。

現在は練習を通常通り行っているけれど

シンスプリントによるふくらはぎの痛みはまるっきり出ていない

とのことです。

 

繰り返しますが大事なのは

原因を取り除く

ことです!

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県狭山市からお越しのRちゃん。

Rちゃんのお母さんいわく、

「歩く時にフラフラするし、よくつまずくんです」

とのお悩みでの来院です。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとRちゃんのがヒジョーに細いことがわかりました。

 

さらにRちゃんの足にも

このブログで最近良く登場する浮きゆびがみられました。

浮きゆびに関してはこちらをご覧ください

ゆびが幽霊みたいになってませんか?浮きゆびの原因と対策

 

ゆびが浮いてしまうと後傾(後ろ荷重)になる。

だけれども足の後方部分である踵が細い。

だから不安定。

 

となるわけです。

 

だから踵を安定させるために

インソールの作製と靴の加工を行う

Plus-Rフィッティング

を行い・・・

 

というのはもちろん考えるのだけれど、

相手は大人ではなく子ども

 

これから成長をしていき、

それとともに足の形状も変化していきます。

 

例えばインソールの部品踵を安定させる部品が

様々ありますが、

それを使用してしまうと地面から跳ね返ってくる力が

その部品に吸収されてしまいます

 

地面から跳ね返ってくる力に耐えようと、

人間の踵の骨は成長していきます。

 

それを証拠にまだ歩かない(歩けない)新生児には

踵の骨がありませんから。

※このあたりのことはこちらに詳しく書いてあります

子どもの足と子どもの靴

 

大人に対してかかと部分の衝撃吸収を図りたい場合は

これが非常に有用となる場合がありますが、

大人と同じように踵の衝撃を防ぐ(ある意味阻害する)と

踵の骨の発達を妨げることになりかねません。

 

もしRちゃんの踵の骨を大事にしすぎてしまうと

ひょっとしたら踵の骨が発達しないかもしれない

そうするとRちゃんのは大人になっても細いまま。。。

 

今だけでなく

この先までを考えた、

未来に繋がる足の環境を。

 

これが私自身とても大事にしていることです。

 

ということで、そういったことまで考えた

Plus-Rフィッティング

を行いました。

子どもの踵の細さと歩行時の不安定性。未来に繋がる足の環境を。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

「素人が見ても分かるくらい安定するんですね!」

とお母さんからみても明らかに歩行が安定し、

Rちゃん自身も

「早く走れるようになった気がする」

と、とっても喜んでいただけました。

 

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

埼玉県入間市からお越しのIちゃん。

 

Iちゃんは数か月前から

足の親ゆびの脇の痛み

を訴え、皮膚科を受診したところ

化膿性爪囲炎

と診断されたそうです。

 

こちらは一般的に

ひょう疽

といった名称でも知れ渡っています。

 

処方された軟膏を塗ったり、薬を飲んだりしても

なかなか良くならず、とても困っているとのことでした。

 

実際にをみさせていただくと親ゆびの脇が化膿しており

見るからに痛そうです。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に...

するまでもなく、

見るからにおかしいところがありました。

 

それはやっぱり靴サイズ

明らかに大きな靴を履いていました。。。

 

そこで中敷きから取り出して

Iちゃんの足と合わせてみたものがこちら。

子どもの浮きゆびと爪トラブル。

4cm以上も余っていました。

ということは靴サイズでいうと6サイズも大きな靴ということです。

正しい靴のサイズの選び方についてはこちらをご覧ください

靴のサイズの選び方

 

このように大きい靴を履くと起こるのが

浮きゆび

 

もちろIちゃんの足にも浮きゆびがみられました。

浮きゆびに関してはこちらをご覧ください

ゆびが幽霊みたいになってませんか?浮きゆびの原因と対策

 

何らかの原因で爪周囲が細菌感染
→化膿
→大きい靴を履いているから足が靴の中で暴れる
→化膿部位が靴に繰り返し当たる
→なかなか良くならない

といった悪循環になるわけです。

 

数年前の日本靴医学会であった発表でも

爪トラブルサイズの大きい靴はよろしくない

といった発表がありました。

 

ただ今回のIちゃんの場合。

ジャストフィットの靴サイズを選択すると

浮いている親ゆび靴のアッパー(甲部分)にあたって

化膿を起こしている箇所が猛烈にむことが考えられます。

 

なので今回は

①サイズとつま先形状があった靴をご紹介

②その靴に対して浮きゆびが良くなるように考慮したインソール作製

③親ゆびが靴に当たらないようにするアッパー部の補正

といった流れでの

Plus-Rフィッティングを行いました。

 

フィッティング直後はおっかなびっくりで

少し痛そうな表情を見せていましたが

初回作製から2週間経った調整での来院時には

「全然痛くなくなった!」

と言ってくれたし、

親ゆびの腫れもすっかり治まっていました。

 

爪トラブルでは大きな靴を選択しがちなんですが、

やっぱりサイズを合わせるのがとても大事。

だけど現実問題それはツライ。

だからPlus-R

サイズと靴の形状を両方合わせるんです。

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

東京都北区よりお越しのAくん。

中学生サッカープレイヤーであるAくんの悩みは

有痛性外脛骨

常に痛むことがあるわけではないけれど、

地味に痛くなることがあり、それが気になるそうです。

 

有痛性外脛骨についてはこちらをご覧ください

内くるぶしの下が痛くなる有痛性外脛骨の原因と対策

 

こちらのAくん

中学生レベルでかなり高いレベルでプレーをしているようで

Aくん自身もその意識がちゃんとあり、

日常生活からサッカーに傾ける熱量の多さを会話の中からも感じ、

話を聞いていても大人の私が感心することが多々あります。

 

そんなAくんが

中学を卒業してからの進路が、これからの自分を大きく変えると思うので

この一年は自分にとって勝負の一年になると思うんです。


と言っていました。

 

15歳にしてこの言葉。

素晴らしいです!

勝負の一年と言いつつも、実行に移さない大人はいくらでもいますし^^;

 

そして先の言葉に続けて

だから全力でプレーできるようにしてほしいんです!

とのリクエストがありました。

 

こちらとしてもその思いに全力で答えるしかないっすね!

 

ということで、まずは足の検査計測を入念に。

するとAくんの外脛骨の形状がちょっと独特であることがわかりました。

そしてその形状が靴の踵の形状に干渉したりしなかったり。。。

そんなところが歩行分析からわかりました。

 

ということで今回はサッカースパイクに対しての

Plus-Rフィッティング

サッカースパイクと有痛性外脛骨。

 

何度歩いても、どんな動きをしても、

同じ動きが再現できるように。

そこを目指して今回はスパイクの形だし補強を行い、

それをフォローするインソールを作製しました。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後、2週間ためし履きをしてもらった後の感想は

この2週間、外脛骨が痛むことが一度もなくって

本当にサッカーに集中することができました!


と、とても喜んでもらえました!

 

熱い思いには熱く応えたいし、

いつでも応えられるように頑張らなくては!

と、自分自身を奮い立たせるきっかけをもらえた気がします。

 

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

月に2~3回はプロスポーツの現場に足を運び、

プロスポーツの現場で実際に動作解析を行いながら

インソールの作製と靴の加工を行っています。

今日はそんな中からの一足。

 

V1リーグに所属する某球団でプレーする

バレーボール選手が履くバレーボールシューズです。

半月板損傷とバレーボールシューズ。

 

今回ご紹介するはもう9足目の加工となります。

学生時代からずっとその世代のトップレベルでプレーしていた

このバレーボールシューズの持ち主の方に

私が初めてお会いした時は

なんというかもう満身創痍。

 

特に彼は

半月板損傷

という爆弾を抱えていました。

 

プレーを見させていただいたら

ジャンプからの着地時に膝の不安定性が顕著

本人もそれがとても怖いと言っていました。

 

履いていた自体のサイズはジャストフィットであったけれど、

とにかく足幅が細く、

そのため靴紐をギュ~っと締めると

出来上がった蝶々はとても大きなものになってしまっていました。

 

その時点でも幅のサイズ感が合っていないことがわかります。

 

しかし足幅の細い彼に合うバレーボールシューズは存在せず、

そのためにインソールと靴の加工

いかにデメリットを殺すか。

これが重大なテーマでした。

 

少しずつ手を加えては動作を確認。

そこからまた加工を足したり引いたり。

それの繰り返しで出来上がったのが

先程の画像のバレーボールシューズです。

 

一見普通のバレーボールシューズですが、実は

手に取っただけで違いが分かるほどの加工が施してあります。

 

インソールの作製と靴の加工を行う

Plus-Rフィッティング

を行った後は、彼の所属する球団の監督がみても分かるほど

着地時に膝が安定し、

安定性を獲得することができた結果、

着地を気にせず思い切り飛べるようになったために

スパイク時打点がグンと高くなりました。

 

プロスポーツ選手にとって、いちばん大事な商売道具は

「からだ」

です。

 

このままいけば東京オリンピックだって。。。

 

私自身も彼のこれからが非常に楽しみです!

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

神奈川県相模原市よりお越しのテニスプレーヤーであるHくん。

Hくんはずっと怪我に悩まされていて、ここ2年だけでも

・腸脛靭帯炎
・ジャンパーズニー
・捻挫
・骨折

そして今回来院された原因となった

踵骨骨端症(Sever病)

と足の怪我だらけです。

 

お母様から

「同じメニューをしている他の子達はその間1度もスポーツ障害になっていないので、

息子の足に問題があるのかとずっと悩んでおります。

接骨院で電気治療とマッサージを受けていますが、中々良くなりません」


と相談をいただきました。

 

これは何とかして力になってあげたいですね!

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

そこでHくんの足の特徴をご両親にお伝えさせていただき

それをもとに

・何がいけなかったのか?(過去)
・ではこれからどうするのか?(未来)

 

の話をさせていただき、靴選びのアドバイスをさせて頂きました。

 

そしてそれをもとにみんなでを選んできていただき、それに対して

靴の補正とインソールの作製を行う

Plus-Rフィッティングを行いました。

 

ちなみに今回はテニスシューズ普段履きの2足に手を加えました。

踵骨骨端症(Sever病)とテニスシューズ。

 

Plus-RではじめてPlus-Rフィッティングを受ける方の

初回作製時には、いきなり100%の仕上げまでの加工を行うのではなく

足慣らしと情報収集のために完成までの60%くらいを目指したところで終わらせます。

 

その後1ヶ月半~2ヶ月の間に2度調整をさせていただき

最終的に100%の仕上がりにします。

インソールQ&A

 

初回来院後(60%くらいの仕上がり)、

お母様からいただいたメールがこちら

作っていただいたインソールのお陰で、靴を履いている状態では踵に痛みを感じないようで、

靴を履き毎日元気に活動しております。

休み時間も外で遊べない日が続き、かなり落ち込んでいた息子でしたが、

「走っても痛くないなんて信じられない!うれしすぎる!」と感激しておりました。

学校のスポーツイベントにも参加できて大喜びでした。

靴を履いていれば痛くないので、テニスも再開しました。

息子は、「靴を履いてさえいれば怖くない!こんな凄いインソールでまだ60%だなんて!」

と、次に先生に会えるのをすごく楽しみにしております。

 

靴を脱ぐとやはり踵はまだ少し痛むようですが、その痛みも日に日に減ってきているようです。

先が見えず家族で落ち込む毎日でしたが、光を与えていただき本当に感謝しております。

私も本当に嬉しいです!


と嬉しい報告をくださいました。

 

そしてPlus-Rフィッティングを開始して2ヶ月。

100%の仕上げをする日には

今では靴を脱いでも踵の痛みが出なくなりました。

息子の足をすくってくれた先生には感謝感謝です。


との言葉もいただくことができました!

 

Hくんのこれから未来に向かっての可能性が広がったと思うと

本当に嬉しいです!

 

本日5月17日はPlus-Rの開院記念日。

お陰様で11周年を迎えることができました。

そんな記念の日にこういった嬉しいフィードバックを

アップできることを嬉しく思いつつ、

現状に満足することなくこれからも精進を続け、

Plus-Rブランドにプライドを持ち、

少しでも多くの方に手を差し伸べることができるように

全力でやっていきます!

 

これからも宜しくお願い致します!!

 

Plus-R 代表 市塚


埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R

足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja